ビュースルーコンバージョンとは?計測方法や注意すべきポイントを解説

アクセス解析 |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

広告運用を効果的に行うには、さまざまな指標を活用して効果を測定する必要があります。その中のひとつが、ビュースルーコンバージョンです。この記事では、広告運用の担当者に向けて、ビュースルーコンバージョンの定義や計測方法、注意点などを解説します。自社の広告効果を検証する際の参考にしてください。

目次

ビュースルーコンバージョンとは?

ビュースルーコンバージョンとは、広告運用の効果測定で活用されている指標のひとつで、ユーザーが広告をクリックせずにCVが発生したことを指します。ビュースルーコンバージョンの計測によって、「広告はクリックされなかったものの、ユーザーの記憶に残り、結果的にCVにつながった」という成果を判断できます。

クリックスルーコンバージョンとの違い

クリックスルーコンバージョンは、広告経由で発生したCVを表す指標で、クリック数によって広告を評価します。一方、ビュースルーコンバージョンは、広告は表示されたものの、ユーザーにクリックされずに、広告以外のルートを経由してCVに至ったケースを指します。

クリックスルーコンバージョンで評価した場合、「クリックされなかった」という評価でしか判断できません。しかし、ビュースルーコンバージョンの計測によって、CVにつながる成果が出た広告を、正しく評価できるようになります。

ビュースルーコンバージョンの仕組み

広告の効果は、クリックされることだけとは限りません。訪問数の多いWebサイトや、検索結果ページの上部にある広告枠のように、多くのユーザーの目に留まる場所に広告を掲載できれば、それだけで宣伝効果が得られます。広告が繰り返し掲載されることで、広告の商品やサービスが気になるユーザーが出てくるかもしれません。

たとえば、ある情報を検索中のユーザーが、靴ブランドの広告を目にしたとします。靴を購入する予定がなかったため、ユーザーは広告をクリックしませんでした。しかし、後日、広告のブランドに興味をもち、靴を購入しました。

この場合、ビュースルーコンバージョンを設定しておくと、「このユーザーが靴を購入したきっかけが広告にあった」と判断できます。

ビュースルーコンバージョンが重要視される理由

広告効果を測定する指標やツールには、さまざまな種類があります。Googleアナリティクスもそのうちのひとつです。広告と紐づけることで、詳細なアクセス解析ができます。しかし、先述のとおり、広告を経由してCVに至ったのではない可能性もあります。

ビュースルーコンバージョンのように、広告がユーザーにクリックされなくても、結果的にCVにつながるケースもあります。クリックされない広告が評価されず、手直しや別の広告に変更すると、CV率が低下する可能性があります。

ビュースルーコンバージョンの計測によって得られる効果

ビュースルーコンバージョンを設定すれば、CVに至るまでのユーザーの行動を可視化できます。一般的に、広告の評価はクリックされることが重要視されます。しかし、ビュースルーコンバージョンの計測により、広告がクリックされなくてもCVにつながるケースを認識できるようになりました。

広告効果をより正確に評価できるため、広告の活用方法はさらに広がりをみせています。

ビュースルーコンバージョンの設定・確認方法

ビュースルーコンバージョンを計測するための設定方法や確認方法は、広告媒体によって異なります。ここでは、代表的な広告として、「Google広告」「Facebook広告」「Twitter広告」の設定方法と確認方法を解説します。

Google広告

Google広告で、ビュースルーコンバージョンを設定する方法は以下のとおりです。

1.Google広告にログイン

2.画面の右上にある「ツールと設定」アイコンをクリック

3.測定内の「コンバージョン」を選択

4.編集したいコンバージョンアクションの名前をクリック

5.「設定」内の「設定を編集」を選択

6.「計測期間」を選択

7.「ビュースルーコンバージョン計測期間」を設定

次に、確認方法を解説します。

1.画面の右上にある「ツールと設定」アイコンをクリック

2.測定内の「コンバージョン」を選択

3.「表示項目」をクリック

4.ビュースルーコンバージョンを選択する

5.「適用」をクリックするとデータが取得できる

Facebook広告

設定方法と確認方法は、以下の手順で行えます。

1.Facebook広告の広告マネージャーにアクセスする

2.広告マネージャー内の「列」を選択する

3.「列をカスタマイズ」をクリックする

4.「アトリビューション設定」にチェックを入れ、「実行」をクリックする

5.検索ウィンドウに「アトリビューション」と入力し、「アトリビューション設定」を選択する

6.計測期間を選択し、「適用」をクリック(設定終了)

7.ビュートアトリビューション欄にビュースルーコンバージョン数が表示される

Twitter広告

Twitter広告では、「ポストビューアトリビューション」と表示されるため、名称に注意しましょう。以下の手順で設定できます。

1.Twitter広告画面を開く
2.管理画面左上の「ツール」を選択

3.「コンバージョントラッキング」を選択

4.計測したいコンバージョンイベントをクリック

5.ポストビューアトリビューション期間のリストから日数を選択

確認方法は、以下のとおりです。

1.管理画面にある「データ:概要」を選択
2.「データをカスタマイズ」をクリック

3.カスタムデータ内の「○○-ポストビュー」と表記されている項目の中から確認したいものにチェック

ビュースルーコンバージョンを計測する際のコツ

ビュースルーコンバージョンを効果的に活用するためには、重視すべきポイントがあります。ここでは、ビュースルーコンバージョンを計測する際の2つのコツを解説します。

インパクトのある広告を制作する

ビュースルーコンバージョンは、短期的な効果は判断できません。CVにつなげるには時間がかかることを理解しておく必要があります。大切なのは、ユーザーの記憶に残るような、インパクトのある広告を打ち出すことです。コピーライターなどに外注し、魅力のあるキャッチコピーで、訴求力を高めるといった工夫をしながら広告を制作しましょう。

計測条件を把握しておく

ビュースルーコンバージョンの計測条件は、広告媒体によって異なります。以下の表を参考にして、活用する媒体ごとの計測条件を把握しましょう。

広告媒体 計測条件 計測期間
Google広告 以下の秒数の間に広告面積が50%以上表示された場合
・ディスプレイ広告:1秒以上
・動画広告:2秒以上
1日・3日・7日・14日・21日・30日から選択できる
※未設定の場合、1日が適用される
Facebook広告 広告面積が1%以上表示された場合 ビュー・クリックそれぞれで、1日・7日・28日から選択できる
※未設定の場合、1日が適用される
Twitter広告 広告が1ピクセル表示された場合 1日・2日・3日・5日・7日・14日・20日・60日・90日から選択できる
※未設定の場合、1日が適用される

ビュースルーコンバージョンの計測で注意すべきポイント

ビュースルーコンバージョンを計測する際に、ほかのCVと重複カウントされる場合があります。特に、ビュースルーコンバージョンの仕組み上、自然検索によるCVとの見極めが難しいといえます。

また、ビュースルーコンバージョンの計測期間を、長い期間で設定した場合、正確な評価が得られない可能性があります。ユーザーがたまたま目にした広告を、いつまでも覚えているとは考えにくいため、ビュースルーコンバージョンの計測期間は短めに設定しましょう。

まとめ

ビュースルーコンバージョンによる計測は、広告を正しく評価する方法として有効です。広告媒体ごとに設定すれば、多角的な視点で広告効果を評価できます。ただし、注意点にも挙げたように、計測期間の設定は短めにしましょう。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」では、低コストで効率的な広告運用をお手伝いします。30,000サイトを改善したノウハウで、精緻な入札調整から最適な予算配分まで一貫して支援し、CVにつながる広告配信を実現します。

Web広告の運用にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。