Googleアナリティクスとアドワーズの連携で広告分析がもっと便利に!

アクセス解析 |

こんにちは。「AIアナリスト」ライターチームです。

この記事では、GoogleアナリティクスとGoogleアドワーズを連携する方法から、連携後にすぐ見られるレポート画面についてご紹介します。

GoogleアナリティクスとGoogleアドワーズを連携することで、広告の成果をより詳細な指標で可視化できて、新しい課題が見つかる可能性があります。

難易度は高くないので、リスティング広告を内製化して運用されているのであれば、ぜひお試しくださいね。

目次

アナリティクスとアドワーズを連携するメリット

Googleの公式ページでは、アナリティクスとアドワーズを連携するメリットについて、以下のとおり記載されています。

  • アナリティクスの AdWordsレポートで広告やサイトの掲載結果を確認できます。
  • アナリティクスの目標や e コマース トランザクションを AdWords アカウントに直接インポートできます。
  • アナリティクスの有用な指標(直帰率、ページ/セッションなど)を AdWords アカウントにインポートできます。
  • 高度なリマーケティングの機能を利用できます。
  • アナリティクスのマルチチャネル レポートに表示されるデータが増えます。
  • アナリティクス データを使用すると、AdWords の利便性が高まります。

このように、色々とメリットはあるのですが、連携してまず便利さを感じられるのは、「アナリティクスの指標でも広告を評価できる」という点です。

広告の管理画面では、広告の表示回数やクリック数などは見れますが、アナリティクスと連携することで、広告から流入したユーザーの直帰率や滞在時間などのサイト内での動きまで確認できるようになります。

例えば、広告Bから流入したユーザーは、直帰しやすいのような情報があれば、今後のサイト改善や広告からの誘導方法の調整をする上で参考になりますね。

アナリティクスとアドワーズの連携手順

それでは実際にアナリティクスとアドワーズを連携していく手順をみていきましょう。

※事前に以下の権限があるか確認しましょう

  • Googleアナリティクスのプロパティで「編集」権限があること
  • アドワーズアカウントで「管理者」権限があること

1.アドワーズにログインして、右上の歯車から[リンクされたアカウント]を選択します。

[リンクされたアカウント]を選択

2.左部のGoogleアナリティクスをクリックして、連携したいプロパティの[リンクを設定]を選択します。

連携したいプロパティの[リンクを設定]を選択

3.連携したいビューの[サイトに関する指標をインポート]を選択して、[保存]をクリックすると完了です。

[サイトに関する指標をインポート]を選択して、[保存]をクリックすると完了

連携後にまず見るべきレポート

最後に、連携後にまず見るべきレポートに絞って、ご案内します。
Googleアナリティクスの[集客]→[Adwards]→[キャンペーン]の順に選択してください。

すると、キャンペーン毎に、いままで見れなかった「直帰率」「ページ / セッション」のような行動の情報まで可視化されています。

「直帰率」「ページ / セッション」のような行動の情報まで可視化

ここで直帰率が高いと判断されるキャンペーンがあったときに、キャンペーン名をクリックすると、その中の広告グループごとの成果を確認できます。

ここで、CV数は多く取れているが、直帰率が高いグループがある場合、キーワード・広告文・LPのいずれかを改善することで、より成果を伸ばせる場合もあります。例えば、他の広告グループと見比べたときに、共通のLPで直帰率が高い傾向があるなら、LPの改善を検討したほうが良いでしょう。

さらに成果を高めるためのツール

Googleアナリティクスとアドワーズの連携ができたあとは、データを見ながら改善を継続することが重要です。
しかし、データからどう改善すべきか施策を考えることは、なかなか難しいですよね。

人工知能によってサイト改善をサポートする「AIアナリスト」を使えば、サイト改善に関するの提案だけでなく、以下のような広告に関する提案も受けることができます。

  • 特定の広告をどのLPで受ければ成果を最大化できるか提案する
  • 特定の広告のCVRが悪化していることを発見して報告する(開発中)

無料登録で一部の機能を利用できるので、もし広告の運用でお困りのことがあれば、気軽にお試しくださいね。

AIアナリストの資料請求はこちら


この記事を書いた人

鐙谷 直貴

株式会社WACULマネージャー。AIアナリストのマーケティングを担っています。