PVとは?セッション数との違いや確認方法・PVの増やし方まで解説

アクセス解析 | 更新:2021.04.22 | 公開:2021.04.15

こんにちは。「AIアナリスト」ライターチームです。

PV(ページビュー)数とは何かを、自社のサイトやブログを運営する人に向けて解説します。言葉の意味や、アクセス数・セッション数・UU(ユニークユーザー)数・imp(インプレッション)数との違いなど、初心者向けの内容も豊富です。目標値の設定方法やGoogleアナリティクスを使ってPV数を調べる方法まで解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

PVとは?

PV(ページビュー)とは、Webページがどのくらいのユーザーに見られたかを示す指標のことです。アクセス数やユーザー数とは無関係で、ページが表示された回数を表します。同一ユーザーが同じページをもう一度閲覧した場合は、PV数が新しくカウントされます。

PVが記録されるのは、Googleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込んだページです。ページが読み込まれると、「ヒット数」がGoogleアナリティクス側に送信され、PV数が増えます。たとえば、あるユーザーが「ページA→ページB→ページC」を経由した場合のPV数は「3」です。

アクセス数との違い

アクセス数は、PVと同じように使われることが多いですが、訪問回数という意味合いが強いため、PVよりもセッション数に近い指標です。ユニークユーザー数を表すこともあるため、業務で使用する場合は明確な意味を定義する必要があります。セッション数については、以下で解説します。

セッション数との違い

セッション数は、Webサイトに訪問してから離脱するまでを、一連の行動としてカウントしたものです。ページの表示回数を示すPVとは異なり、Webサイトの訪問者数を表します。一定期間内にWebサイトを訪れたユーザーが対象です。同一ユーザーでも、一定期間後に再訪問すれば2セッションとしてカウントされます。Webサイトの訪問者数を知りたい場合は、セッション数を確認しましょう。

ユーザー数・UU(ユニークユーザー)数との違い

ユーザー数は、Webサイトを訪れた人の総数です。UU(ユニークユーザー)数は、ある期間内にWebサイトを訪れたユーザーの総数を指します。期間中であれば、同じユーザーが何度Webサイトを訪れても、1カウントとして処理されます。そのため、PVとUUが同一になるとは限りません。たとえば、あるユーザーがA・B・Cというページを経由した場合のPVは「3」、UUは「1」です。

imp(インプレッション)数との違い

imp(インプレッション)数は、ページ内で広告が表示された回数です。ページの表示回数をカウントするPVと間違いやすく、imp(インプ)もしくはimpsと略されて表示されることもあります。また、広告の掲載ページを1回表示したからといって、PV数とimp数が一緒になるとは限りません。広告が2つ表示されていれば、1PV、2impとなるためです。また、TwitterやFacebookでは、投稿ページの表示回数もimp数にカウントされます。

平均PV数とは

平均PV数とは、1セッションあたりどのくらいのページが閲覧されたかを表す指標のことです。訪問別PV数とも呼ばれています。平均PV数が多いほど、複数のページを閲覧されたことになるため、価値の高いWebサイトといえます。

平均PV数は、Webサイト運営において重要ですが、目的にはなりえません。Webサイト運営は、平均PV数ではなく、CV率の向上が目的だからです。いくら平均PV数が高くても、CVに繋がらなければ意味がありません。平均PV数は、あくまで目安として利用することをおすすめします。

平均PV数の計算方法

平均PV数は「総PV数÷総セッション数」という式で計算できます。たとえば月間5万PV、総セッション数1万のWebサイトは、1セッションあたり5PVを獲得しています。

PV数の目標値の決め方

平均PV数に固執する必要はありませんが、PV数自体はWebサイトの価値判断として使える重要な指標です。高くなるほどユーザーから良く見られていることになるため、決して軽視できるものではありません。売上などと同様に、目標値を設定しましょう。

PV数の目標値は、どのくらいのユーザーがWebサイトに訪問すればCVに繋がるか、を目安にするのが一般的です。そのため、普段からWebサイトに訪れるユーザーの動向やCVについてのデータを収集・分析する必要があります。

ただし最適な目標値は、Webサイトのジャンルや商材の内容などによって異なるため、検証と分析を繰り返して自社に合った数値を出すのがおすすめです。以下で紹介する方法は、あくまで一般的な方法として参考にしてください。

PV数の目標値の計算方法

ここでは以下のようなWebサイトを想定し、PV数の目標値の具体的な計算方法を紹介します。

  • CV(商品購入)を1件獲得するのに、20件の問い合わせが必要
  • 1件の問い合わせを獲得するのに、200PVが必要

上記の条件から、このWebサイトで商品を1個売るには、4,000PV(20×200)必要なことが分かります。そのため月に100個売りたい場合は、月に40万PVが必要です。このように、PV数の目標値はWebサイトの目的や商材の内容に沿って設定します。高くても、目的を達成できていないWebサイトは多く存在するので注意しましょう

Webサイト運営は、PV数を一定水準に保ちつつ、価値のあるコンテンツを発信することが大切です。

競合企業の平均アクセス数を調べる方法

競合企業の平均アクセス数を調べるには、Googleアナリティクスの「ベンチマーク」機能を利用するのが一般的です。ベンチマーク機能は、競合企業のセッション数やユーザー数などの平均値をもとに、業界内における自社のポジションや現状を確認できます。競合企業との優劣関係がはっきりするため、目標設定する際にも有効です。

そのほか、「SimilarWeb」や「eMark+」などのツールも、競合企業の平均アクセス数を調べる方法として知られています。いずれも無料で利用できるため、気になる方はご検討ください。

PV数を確認する方法

自社サイトのPV数を知るには、アクセス解析を行う必要があります。アクセス解析は、PV数の推移を折れ線グラフなどで確認できる「Googleアナリティクス」を使うのが一般的です。Googleアナリティクスは、利用ユーザーが多く、無料でPV数やセッション数、ユーザー数などを確認できます。

またGoogleアナリティクス以外にも、さまざまなツールを使ってPV数を確認できます。以下で、それぞれの方法を詳しく解説します。

GoogleアナリティクスでのPV数の確認方法

GoogleアナリティクスでPV数を確認するには、Googleアナリティクスが発行するトラッキングコードを、該当のページに埋め込みます。ここでは、代表的な2つの方法を紹介します。

サイト全体のPV数を確認する方法

Googleアナリティクスの管理画面から、「ユーザ」から「概要」を選択すると、Webサイト全体のPV数を数値とグラフで確認できます。Webサイトの人気度を確認しましょう。

各ページのPV数を確認する方法

Googleアナリティクスの管理画面から、「行動→サイトコンテンツ→すべてのページ」と進むと、ページごとのPV数を確認できます。どんなページが人気なのか確認しましょう。

Googleアナリティクス以外でPV数を確認する方法

Googleアナリティクス以外にも、さまざまな会社からアクセス解析ツールがリリースされています。それぞれ特徴がありますが、Webサイトの効率的な運用をお考えなら、数値の確認だけでなく、具体的な改善点を教えてくれるツールがおすすめです。

PV数を増やす方法

PV数は、増やせば良いというわけではありませんが、多くて困ることもありません。PV数が多いほど、たくさんのユーザーにコンテンツを見てもらえるからです。商品購入などの具体的な目標達成もしやすくなるため、増やす努力はした方が良いでしょう。

SEO対策を行う(検索順位を上げる)

SEO対策を行いWebサイトが検索上位に表示されると、PV数の増加に繋がります。ユーザーは検索上位に表示されているページを、優先的に閲覧するためです。Webサイトを運営する際は、SEO対策をしっかり行って、検索エンジンからのアクセスを増やしましょう。記事のタイトルや見出しにキーワードを入れたり、本文を読みやすくしたりして、ユーザーの利便性を高めることが大切です。

内部リンクの最適化を行う

内部リンクとは、関連性の強いページ同士をリンクで繋ぐことです。同一ページ内にユーザーの興味関心を引くリンクを載せることで、Webサイト内の回遊率があがり、PV数も増加します。内部リンクは、関連付けられたページ数が多くなるほど効果的です。Webサイトは内部リンクも視野に入れて、全体の構成を考えましょう。

SNS等を利用して拡散する

TwitterやFacebookなどのSNSでバズらせると、多数のユーザーに記事が拡散され、PV数の増加に繋がります。特にTwitterは、拡散されやすい傾向があるのでおすすめです。どのようなSNSが良いかは、Webサイトのジャンルや想定読者などで異なります。InstagramやPinterestなども視野に入れて、自社に合ったものを選びましょう。

広告を出稿する

広告を出稿することでも、PV数は増やせます。広告は、SNSやメルマガなど多数のチャネルで出稿できるなど、メリットも多いです。ただし広告の出稿が、必ずPV数の増加に繋がるわけではありません。広告でユーザーの興味を引けなければ、出稿費用だけが増え損失が拡大します。広告は、広告文や画像などをしっかり設定し、効果的に運用しましょう。

参照サイトからの流入を増やす

自社で運営している別サイトにメインサイトへのリンクを張ることで、別サイトからの流入が増え、メインサイトのPV数も増加します。複数のWebサイトを運営している方におすすめです。

まとめ

PVとは、ページがどのくらい表示されたかを示す指標のことです。ユーザーにどのくらい価値あるコンテンツを提供しているかを知る目安になります。Webサイト運営の大切な要素なので、できるだけ増やすよう努力しましょう。

「AIアナリスト」は、AIがアクセス解析を⾃動で⾏い、重要な改善ポイントを教えてくれるツールです。30,000サイトを改善したノウハウをもとに、Webサイトの膨大なデータを分析し、成果を伸ばすための改善ポイントをデータ根拠とともにお届けします。Googleアナリティクスに連携するだけで利用可能で、設定は2分で終わります。

まずは無料版からお試しください。

AIアナリストの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。