ライティング技術を向上させる手法20選|わかりやすい文章のポイントとは

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

Webサイトへの掲載記事を書くために、ライティング技術を向上させたい方は少なくないでしょう。この記事ではWebライティングにとって何が大切か、ライティング技術をあげるために何をしたらいいか解説します。Webライティングに関する悩みを抱えているWeb担当者、編集者、ライターの方は、参考にしてみてください。

目次

ライティング技術の向上のために必要なこと

ここでは、ライティング技術を向上させるために、どういったことが必要なのか解説します。

WebライティングとSEOライティングの違いを意識する

ライティングに取り組むにあたっては、WebライティングとSEOライティングの違いを理解しておくことが重要です。簡単に言うと、Webライティングは、読者にとってわかりやすい記事を書くことを重視し、SEOライティングは、検索エンジンの上位表示を目指して記事を書きます。ターゲットがそれぞれ異なると覚えておきましょう。

Webライティングの技術をあげるためにどうすべきか考える

Webライティング技術を向上させるためには、読者にとってわかりやすい文章を書くことを心掛ける必要があります。わかりやすい文章を書くことで、読者に最後まで飽きさせず、読み進められる文章を作ることが可能です。

Webライティングにおいては、長文を読むことに慣れていないユーザーも少なくありません。そういった読者でも飽きずに最後まで、ストレスなく読み進められる文章を作ることが重要です。具体的なポイントについては引き続き解説します。

ユーザーにとってわかりやすい文章を書くポイント

ここでは、わかりやすい文章を書くために押さえておくべきポイントについて解説します。

シンプルな文章にする

文章を書く際はシンプルな文章を心掛けてください。詩的表現は不要であり、上手な言い回しや専門用語を入れる必要もありません。端的に書くことを心掛けることで、読者がストレスなく読み進められる良い文章を書けるようになります。

執筆前の準備に時間をかけることが重要

ライティングをする際は、すぐに本文作成に取り掛からず、執筆前の準備を入念に行うことが大切です。具体的には、誰にどのような情報を提供するか、明確にした上で文章作成に取り掛かってください。Webライティングでは、見出しがもっとも重要な役割を持つため、まず見出しをしっかりと考えた上で全体の構成を考えるなどの準備が必要です。

記事を読むことで得られるメリットを文中に書く

文章を書くときは、記事を読むことで、ユーザーがどのようなメリットを受けられるのか、文中に含めることも重要です。そのため、作成にあたってはユーザーにとってのメリットを、ライターが想定して書く必要があります。

ユーザーの悩みを解決するために必要な情報を選んで書く

作成する文章は、作成者が伝えたいことだけを伝えるのではなく、ユーザーの悩みを解決するようなものでなければなりません。そのため、ユーザーはどのような課題やニーズを抱えていて、どういった情報を求めているのか考える必要があります。

結論から伝えることでわかりやすい文章にする

文章を書く際は、できるだけ早い段階で結論を伝えることを心掛けてください。これは、理論や過程から始まるとすぐに読むことをやめてしまうユーザーがいるためです。記事を読んでいるユーザーで、すべての文章を読みたいと思っている方は多くありません。最初に結論を書いておくことで、ユーザーにとってわかりやすい、読み進めたいと思える文章になります。

PREP法やSDS法といった雛形を利用する

文章作成には、さまざまな手法があります。中でもPREP法とSDS法はよく使用されるものです。

PREP法とは、結論を最初に伝え、理由と具体例をあげた上で最後にもう一度結論を伝える方法です。「PREP」の概要はそれぞれ以下の通りです。

P(Point) 結論
R(Reason) 理由
E(Example) 具体例
P(Point) 結論

この方法は、要点を最初と最後に伝えられるため、読者の印象に残りやすい点が特徴です。

また、SDS法は、結論を最初に述べた上で、同じ内容を3回に分けて異なる書き方で説明する方法です。「SDS」の概要は以下の通りです。

S(Summary) 概要
D(Details) 詳細の説明
S(Summary) 全体のまとめ

PREP法よりも導線が短くなっているため、結論を素早く伝えたいときなどに有効です。

わかりやすいWeb記事を書くための基本的な手法20選

ここでは、読者にとってわかりやすい記事を書く際に役立つ基本的な手法を20個紹介します。

1.見出し(タイトル)を最初に考える

記事を書く際は、最初に見出しを考えましょう。これは、Web記事においては、見出しが重要な役割を果たすためです。例えば、いくら魅力的な内容の記事を作成しても、見出しで読者を惹きつけられなければ誰からも読まれません。そのため、記事作成にあたっては、読者の興味を引くような見出し作りに注力する必要があります。

2.全体の構成を考える

記事作成の際は、全体の構成を考えた上で、文章を書き始めるようにしてください。いきなり小見出しを考えて書き始めることは、地図もなくゴールを目指すようなもので、支離滅裂な内容になりかねません。実際に文章がうまく書けない、といった方の中には、構成を考えることなく書いている方もいます。

構成を用意しておけば、書き始めてから迷走する心配もなく、内容に統一感も出てくるため、読者にとっても読みやすい文章になるでしょう。

3.1見出し・1テーマにする

記事を書く際は、基本的に1つの見出しに対して1つのテーマを設定してください。1つの見出しに2つのテーマが含まれていると、読者にとってわかりにくいものとなるため、そういった場合は見出しを分けるなどして対応しましょう。

4.自社メディアの目的に合わせて書く

記事作成にあたっては、自社メディアがどういった目的のもと運営されているのか理解しておく必要があります。目的を達成するために記事作成を行っているため、目的によっては記事の導線も大きく変わってきます。

5.トンマナなど、自社メディアで定められているルールを守る

トンマナ(トーン&マナー)や自社メディアのルールは必ず守りましょう。例えば、です・ますとだ・であるが混ざっている文章は読者にとって読みにくいものとなります。トンマナやルールはメディアによって異なるため、記事作成時には必ず確認しましょう。

6.一文は40字以内にする

一文が長すぎると、読みにくいだけでなく内容も理解しにくくなってしまいます。そのため、一文は基本的に40文字以内を目安に書きましょう。一文が長くなってしまう場合、「、」や「〜で」、「〜ですが」といった言葉を多用しているケースが少なくありません。文章を作成したら長くなりすぎていないかチェックしてみてください。

7.句読点を使う

文章の中には、句読点を適宜使うようにしましょう。句読点は文章の区切りとなり、適度に使用されていることで読みやすい文章となります。逆に一文の中に一つも読点がないと読みにくい文章になるため注意してください。

8.「てにをは」で印象が変わることを理解して使う

文章においては、「てにをは」の使い方次第で読者が受ける印象が大きく変わってきます。そのため、そのことを理解した上で使い分けるようにしましょう。作成後は必ず読み返し、「てにをは」がおかしくないかチェックしてください。

9.文章表現を使う(口語表現は使わない)

口頭で話す際に使用している言葉を、そのまま文章に使用すると合わないことがあります。そのため、口語表現は酒、文章表現の使用を意識してください。例えば、ら抜き言葉をしない、「すごく」ではなく「とても」にするなどです。

10.無駄な接続詞は使わない

文章を書いていて、接続詞を使用するケースは少なくありませんが、必要以上に使用しないようにしてください。例えば、「しかし」は文章中によく出てくる接続詞ですが、多用すると文章が読みににくくなってしまいます。

11.表現を工夫する

文章を書く際は、同じ文末の表現が連続しないようにする必要があります。例えば「〜ます。〜ます」と連続していると、読者は機械的な印象を受け、読みにくく感じるでしょう。「〜ます。〜です」など文末を工夫することが大切です。

12.敬語が間違っていないか確認する

文章中の敬語が間違っているケースは少なくありません。そのため間違いがないか必ず確認しましょう。

13.文章に不自然さを感じたら主語述語の関係が成り立っているか確認する

記事を書いていてよく起こるのが、主語と述語のねじれ関係です。例えば「野球は楽しいし、仲間の大切さに気づいた」は、主語と述語が一致していません。こういった文章を避けるためにも、作成後に読み返すことが大切です。

14.「~と思います」という表現は避ける

文末に「〜と思います」と書いている記事は少なくありませんが、基本的には「〜です」と言い切るようにしてください。

15.専門用語はなるべく使わない

専門用語を使いすぎると、読者にとってわかりにくい記事となるため、できるだけ使わないようにしましょう。

16.説明を省略してしまっている箇所がないか確認する

記事作成をし「ここは説明しなくてもいいだろう」と思って省いてしまうケースは少なくありません。しかし、説明がないと、わかりにくい記事になってしまう可能性があるため注意が必要です。

17.根拠やデータ・数字は具体的に書く(出典を記載する)

記事作成にあたっては、根拠や数字などはできるだけ具体的に記載しましょう。そうすることで記事に説得力が増します。ただし、参考にしたデータや数字は必ず出典元を記載するようにしてください。

18.サービス名・商品名は正式名称で書く

サービスや商品を扱う場合、正式名称で書き、間違えていないかチェックするようにしましょう。

19.誤字脱字チェックを行う

誤字脱字は読者の離脱にもつながるため、一度作成したら必ずチェックするようにしてください。

20.SEOの対策キーワードを入れる

SEO対策を行う場合、キーワードを適宜入れていくことが大切です。ただし、キーワードを入れすぎると読者にとって読みにくい文章になるため注意しなければなりません。

ライティング技術が向上することで得られるメリット

ライティング技術が向上することで、読者に最後まで読んでもらえる記事が書けるようになります。また、執筆時間の短縮にもつながるため、効率よく記事作成ができるでしょう。

まとめ

読者にとってわかりやすく読みやすい記事を作るためにも、ライティング技術の向上が欠かせません。記事作りに苦戦している、記事が読みにくいと言われる、といった方はぜひ今回紹介したポイントを参考にしてみてください。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。