コンテンツマーケティングに役立つ本【15選】基本から戦略・SEOまで学べる本を紹介

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

コンテンツマーケティングの担当者となったものの、まだ知識が浅いため基本から学びたいという人は多いのではないでしょうか。この記事では、コンテンツマーケティングの概念や仕組みなど基本を学べる本のほか、戦略・ノウハウの理解に役立つ本、SEOに強いライティングを学べる本も紹介します。ぜひ役立ててください。

目次

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーのニーズを満たした価値のあるコンテンツを提供することで、ファンを作り購買などにつなげていくマーケティング手法のことです。コンテンツマーケティングを成功させるポイントは、ユーザーにとって価値のある情報やコンテンツを提供し続け、顧客を育てファンにすることにあります。

コンテンツマーケティングを実施するメリット

ここでは、コンテンツマーケティングに取り組むことで得られるメリットについて解説します。

コストをかけずに始められる

コンテンツマーケティングは、自社サイト内のブログ運営などでも取り組めるため、コストがかからない点が特徴です。広告など他のマーケティング手法と比較しても初期のコストを抑えられるため、予算が少ない企業でも取り組みやすくなっています。

企業としての信頼・ブランド力を高められる

専門性のある内容のコンテンツを提供し続けられれば、「この会社の情報は信頼できる」と認識され、ユーザーからの信頼度や認知度が高まります。また、コンテンツ制作を通して業界内のオピニオンリーダーのポジションを確立できれば、ブランド力向上も期待できるでしょう。

コンテンツが資産として残る

一度作成したコンテンツは、自社サイトやブログ内に掲載され続けるため、自社の資産として残していくことが可能です。コンテンツの内容が有益なものであれば、時間が経ってからも集客に活用できます。掲載期間に限りがあるWeb広告と比べると大きなメリットと言えます。

拡散が期待できる

質の高いコンテンツであれば、ユーザーがSNSなどで拡散してくれる可能性があります。広告を掲載しなくても自然と情報が拡散されていくため効率は良いと言えるでしょう。いわゆるバズる状態になれば、予想以上の集客も期待できるでしょう。

顧客ロイヤリティを高められる

顧客ロイヤリティとは、商品やサービスに対して顧客が抱く信頼や愛着のことです。コンテンツマーケティングを通して、質の高いコンテンツを継続して提供することで、顧客ロイヤリティを高められます。

コンテンツマーケティングの基本が学べる本【6選】

ここでは、コンテンツマーケティングの基本を学びたい人におすすめの本を6冊紹介します。

エピック・コンテンツマーケティング

日本経済新聞出版社から出版されている本書では、コンテンツマーケティングの生みの親とされるピュリッジジョーが、その意義やコンテンツの作成・管理などについて詳しく解説しています。少ないコストでいかにして優良な顧客を獲得するか、購買につなげるためにはどうすれば良いかといった点も取り上げているため、基本的な知識を学びたい人におすすめです。

コンテンツマーケティングの教科書

日経BPコンサルティングが出版し、日経BPコンテンツコミュニケーション ・ラボ編著の本書は、コンテンツマーケティング誕生の背景から実践方法、具体的な手順などを取り上げている点が特徴です。具体的な事例も記載されているため、取り組む際のイメージがしやすいでしょう。コンテンツマーケティング初心者から中級者向けの本です。

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

日本SPセンター著、エムディエヌが出版した本書は、図解やイラストを活用してコンテンツマーケティングに関する知識や情報を解説している点が特徴です。コンテンツマーケティングとはそもそもどういったものなのか、どうやって戦略を立てるのか、といった点が取り上げられているため、これからコンテンツマーケティングに取り組む人におすすめです。

オウンドメディアのやさしい教科書。 ブランド力・業績を向上させるための戦略・制作・改善メソッド

エムディエヌが出版した本書は、山口耕平・徳井ちひろの2名の著者によって書かれた本です。自社でオウンドメディアを運営する際によく起こる課題を取り上げており、課題解決に欠かせない重要な要素を解説しています。基礎知識から解析ツールの使い方まで解説されているため、これからオウンドメディアを運営する人、すでに運営を行っている人におすすめの本です。

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

インプレスが出版した本書は、宗像淳・亀山將という日本におけるコンテンツマーケティングの第一人者が、初心者向けに、コンテンツマーケティングの概念や実践方法などについて解説しています。商品をどのようにして売り込めば良いのか知りたい、コンテンツマーケティングを理解したい、実践したいといった人におすすめの一冊です。

商品を売るな~コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる

宗像淳著で日経BPが出版した本書は、国内外の企業が実際に行った施策や事例を取り上げて、コンテンツマーケティングのについて解説しています。また、商品やサービスを売るのではなく、コンテンツを見つけてもらうためのポイントがわかる点も特徴です。なかなかターゲットとしている客層にリーチできずに悩んでいる、といった人におすすめの本です。

コンテンツマーケティングの戦略・ノウハウが学べる本【4選】

ここでは、コンテンツマーケティングの具体的な戦略やノウハウについて学べる本を4冊紹介します。

オウンドメディアで成功するための戦略的コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングの第一人者であるジョー・ピュリッジとロバート・ローズが現場目線での戦略ノウハウを解説している本書は、翔泳社から出版されています。コンテンツマーケティングの位置付けや具体的な事例などについてデータを活用して解説しており、コンテンツが出来上がるまでの過程を理解することができます。こちらは初心者向よりも、チームを抱えるマネージャー向きの一冊です。

できるところからスタートする コンテンツマーケティングの手法88

エムディエヌから出版されている本書は、敷田憲司・岡崎良徳・岸智志・納見健悟というWebマーケティングやコンテンツ制作などでのキャリアを持つ4名による共著です。コンテンツ制作に欠かせないSEOの基本やコンテンツの分析、具体的なライティング術、など幅広いテーマを取り上げています。ECサイトやメディアの運営担当者やマーケティング担当者におすすめです。

KPI・目標必達のコンテンツマーケティング 成功の最新メソッド

敷田憲司・徳井ちひろの共著でエムディエヌから出版されている本書は、コンテンツマーケティングの基本からコンテンツの企画や作り方などについて詳しく解説しています。各所にスクリーンショットも盛り込まれているため、普段本を読まない人でも読みやすいでしょう。ネタ不足に陥ったときの解決策も取り上げているため、コンテンツ制作に取り組む人におすすめの一冊です。

BtoB企業のためのマーケティングコンテンツ制作ガイド

金風舎が出版したこちらの一冊は、長年に渡ってBtoB企業向けのマーケティングに携わってきた宮﨑晃彦が、見込み客に見つけてもらい、継続した売上を作るためのポイントについて解説しています。様々な業種、異なる規模の企業の事例を取り上げ、どのように解決したのか解説しているため、コンテンツマーケティング初心者から上級者まで幅広い人におすすめの一冊となっています。

SEOに効果的なノウハウを学べる本【5選】

ここでは、SEO対策を行う際の具体的なノウハウを学べる本を5冊紹介します。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

松尾茂起著、エムディエヌ出版の本書は、漫画でライティングやSEOの基本について学べる点が特徴です。SEOに強いライティングとはなんなのか、成果を上げるためには、どのような文章を書けばいいのかといった点が、ストーリー仕立てて理解できます。コンテンツ制作を行う人であれば、読んでおきたい一冊です。

10年つかえるSEOの基本

土居健太郎著、技術評論社出版のこちらの本は、SEOの基礎から学べる点が特徴です。キャラクターの対談形式解説されるため、理解しやすい構成となっています。「10年つかえる」というタイトルの通り、検索エンジンとはなんなのか、SEOってなんのために行うの、といった部分から理解できるため、初心者の教科書としても活用できるでしょう。

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

マイナビ出版が出版した本書は、SEOの基本的な概念から具体的な技術についてまとめられた西山悠太朗・小林睦の共著です。Webサイトを運営するにあたって取り入れるべきSEO施策が一通り取り上げられているため、マーケティング担当者やSEO担当者におすすめの一冊となっています。また、実装についても解説されているため、エンジニアの方にもおすすめです。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

安川洋・江沢真紀・村山佑介の共著でインプレスから出版されている本書は、昨今のモバイル端末による検索環境を踏まえたうえでリニューアルされた一冊です。ユーザーの検索意図に対してどういったキーワードを設定するのか、どういった構造のWebサイトを作るのかといった基本的な部分から学べます。分析方法などについても取り上げられているため、主に中級者以上におすすめです。

SEO対策のための Webライティング実践講座

鈴木良治著、技術評論社出版の本書は、ユーザーにとって良質なコンテンツの書き方から、コンテンツを検索エンジンに伝えるための様々なテクニックを解説しています。テクニックに関する項目が多く、目的別にWebサイトの制作ポイントも取り上げているため、これからWebサイトを作ろうとしている人におすすめです。

まとめ

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを通して見込み客を育てていくマーケティング手法です。取り組み次第で認知度向上やブランド力向上、信頼獲得なども可能ですが、簡単にできるものでもありません。ぜひ、今回紹介した書籍を参考に取り組んでみてください。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案します。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。