Yahoo!にリスティング広告を出したい!スポンサードサーチの特徴・始め方とは?

ネット広告|更新:2019.08.02|公開:2018.08.28

こんにちは。アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」運営チームの兒島です。
今回紹介するテーマは、Yahoo!のリスティング広告についてです。

企業のWeb担当者の皆様、Yahoo!プロモーション広告を知っていますか?Yahoo!プロモーション広告とは、Yahoo!が運営するリスティング広告であり、Yahoo!にリスティング広告を出稿したい場合に利用することになります。

ではこのYahoo!プロモーション広告は、Googleの運営するリスティング広告であるGoogleAdwordsとどこが違うのでしょうか?
今回は、Yahoo!プロモーション広告の特徴やGoogleAdWordsとの違い、始める流れについて紹介します。また、リスティング広告で成果を上げるための基本事項も分かりやすく解説します。

Googleアナリティクスの分析を自動化|「AIアナリスト」無料版を使ってみる

目次

Yahoo!プロモーション広告とは?

ディスプレイ広告画像

Yahoo!プロモーション広告とは、Yahoo!の運営するリスティング広告です。リスティング広告は、Yahoo!JAPANの検索結果画面に表示されます。通常のリスティング広告と同じく、クリック課金制で、入札額は自分で設定できます。

GoogleAdWordsが海外配信も可能なのに対し、Yahoo!プロモーション広告のリスティング広告は日本国内のみにしか配信することができません。しかし、Yahoo!プロモーション広告の公式サイトによると、日本のインターネットユーザーの約80%がYahoo!JAPANを利用しているとされています。そのため、日本にのみリスティング広告を出稿したい場合はかなり有効です。

また、Yahoo!JAPANはパソコンで使われる傾向が強いので、パソコンユーザー向けにリスティング広告を出したい際にもおすすめです。
さらに、高齢者はGoogleよりもYahoo!JAPANを好んで使用する傾向があります。そのため、高齢者に向けた広告を出稿したい際にはに向いているといえるでしょう。

さらに、リターゲティングを行う際にもYahoo!は有利な場合があります。GoogleAdWordsでは、美容系や医療系、ギャンブル系など一部の分野ではリターゲティングを行うことができません。しかし、Yahoo!プロモーションでは、これらのリターゲティングも可能です。

広告出稿の流れ

では実際に、Yahoo!プロモーション広告に広告を出稿する際の流れについて解説していきます。Yahoo!プロモーション広告は、比較的簡単に始めることができます。

1.新規作成

まず、Yahoo!プロモーション広告を開きます。そして、「スポンサードサーチ」>「キャンペーンを管理」をクリック。
左側に「新規作成」のボタンがあるのでクリックし、その後「キャンペーンを作成」をクリックします

2.キャンペーンの内容決定

そしてキャンペーンや予算など、基本情報を入力します。
ここで一つ気を付けて頂きたい点があります。予算の部分に出てくるインタレストマッチですが、「配信しない」に設定しておくことをおすすめします。「配信する」にしてしまうと、リスティング広告以外での配信が自動的になされてしまい、予算があっという間になくなってしまう場合もあります。
すべて入力したら、「保存して広告グループ作成へ」をクリックします。

3.広告グループの作成

広告グループとは広告をまとめる分類のことです。グループを設定することで、複数の広告を同時に管理することができます。
広告グループ名や入札価格等を入力してグループを作成しましょう。入力し終えたら、「保存してキーワード作成へ」をクリックします。

4.キーワード設定

キーワード入力欄に、リスティング広告を配信したいキーワードを入力しましょう。
また、マッチングタイプは「完全一致」にすることをおすすめします。「部分一致」にすると、想定しなかったキーワードで広告が配信されてしまい、予算を無駄にしてしまう可能性があります。
そして、「保存して広告作成へ」をクリックします。あとは広告文を入力すると、広告が完成します。

成果を上げるために

では、Yahoo!プロモーションでリスティング広告を出稿し、成果を上げるためにはどうすればよいのでしょうか。これは、GoogleAdWordsで広告出稿する際にも共通して使える知識なので確認しておきましょう。

まず一つ目は、キーワード施策です。これは一言でいうと、キーワードの取捨選択です。毎月一回、キーワードのデータを確認し、獲得があるが未登録のキーワードを抽出して追加します。それと同時に、獲得がなくコストのみがかかっているキーワードを抽出し除外します。地味な作業ですが、これを毎月繰り返すだけで、効率よく成果を上げることができるようになります。

次は、タイトル施策です。これは、クリック率を上げるために、いかにキーワードと広告を連動させることができるかが問われます。そのためには、キーワードを適切に選んで広告を作成し、検証を繰り返すことが必要です。
検証をする際は、「キーワードが広告内にあるか」「明確な数字が含まれているか」など、タイトル作成の重要なポイントを忘れないようにしてください。

最後に、入札施策です。つまり、効率の良いキーワードから予算を投入しようという施策です。各キーワードごとに、成果を出して成果が大きい順に並べ、上から予算を投下していくという方法が一般的です。
ただ、これは一般的な考え方であって、企業の状態や目標によって予算の投下方法は様々です。例えば、新規顧客を増やすためには、「現在成果はあまり高くないが伸び率が見込める層」に予算を投下することも重要になってきます。

まとめ:集客後のCVRも上げよう

以上、Yahoo!プロモーション広告について解説してきました。

Yahoo!プロモーション広告は日本国内やパソコンユーザーに強いリスティング広告です。
今後、Yahoo!プロモーション広告をうまく活用して顧客を獲得し、CV数アップにつなげていきましょう。

しかし、リスティング広告で集客数をアップさせただけでは意味がありません。
集客した後は、最終的にはWebサイト内でコンバージョンしてもらう必要があります

そこで、広告で集客したユーザーのCVRを最大限アップさせたい方には、弊社サービスのアクセス解析ツール「AIアナリスト」がオススメです。
このAIアナリストは、人工知能がGoogleアナリティクスのデータを自動で分析し、サイトの改善案までご提供するアクセス解析ツールです。
時間がかかるアクセス解析をAIに任せることができれば、より広告作成や検証に割ける時間を増やすことができます。

広告集客後のCVRアップに貢献してくれる「AIアナリスト」はコチラ


この記事を書いた人

兒島 紗季

東京大学在学中のインターン生。フリーペーパーの編集長も務めていたアクティブ派。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須