リスティング広告の広告文を作成するコツ10選|改善方法や具体例も解説

ネット広告 |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

インターネット広告は年々需要が増しており、なかでもリスティング広告はユーザーの興味にマッチするため、CV率が高いのが特徴です。この記事では、リスティング広告の重要性や広告文の作成について解説します。最後まで読めば、CV率を向上させる広告文のコツを掴めるでしょう。

目次

リスティング広告において広告文が重要な理由

ユーザーがキーワードで検索した場合に初めて表示されるのが、リスティング広告です。ユーザーは、広告文で訴求されている内容によってどのページに移行するかを決めるため、広告文はクリック率に影響します。さらにクリック率は、広告アカウントの評価につながります。評価が良いと品質スコアが高まり、クリック単価にもかかわってくるのです。

検索クエリとは

検索クエリとは、ユーザーが検索エンジンを使って検索窓に入力する言葉や語句、単語、フレーズなどのことです。キーワードを入力したユーザーが求めている情報を提示できれば、リスティング広告の効果を上げられます。

リスティング広告の広告文が表示される位置

リスティング広告が表示されるのは、検索結果ページの上部と下部です。広告タイトルの左上に「広告」と表示されています。

広告文を作成する前にフレームワークで分析をしよう

フレームワークは、共通して用いる考え方や分析、立案などの枠組です。分析だけでも、さまざまなパターンがあります。

おすすめのフレームワーク1:3C分析

3C分析は、「Customer(顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」を用いて分析します。市場で自社と競合の特徴を整理できて、次の戦略に活用できるメリットがあります。

おすすめのフレームワーク2:SWOT分析

SWOT分析は、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)を分析する方法です。外部環境から考えて、内部環境は自社と競合他社を比較できます。業務の見直しになどに有効です。

おすすめのフレームワーク3:ペルソナ

ペルソナは、仮面や人格などの意味で使われる言葉ですが、マーケティングでは、自社の商品やサービスを提供するユーザー像をさします。ペルソナを設定すれば、主観を排除して、ユーザー目線で物事を捉えられます。

【リスティング広告】広告文を作成する際のコツ10選

リスティング広告の広告文作成に悩む人もいるでしょう。ここでは広告文作成のコツを紹介します。コツを掴めばCV率を上げる広告文も作成可能です。

コツ1:入稿規定を守る

リスティング広告を出す広告会社(Google広告やYahoo!広告)には、入稿規定があります。

最上級表現は避ける

「最大」「最高」「最小」などの最上級表現には、景品表示法に違反する可能性もあるため注意が必要です。Yahoo!広告では掲載できなくても、Google広告では掲載できることもあります。

文字数が制限されている

例えば、Google広告での説明文は半角90文字で、Yahoo!広告の説明文は半角800文字です。Google広告の広告文をYahoo!広告にそのまま使うと、文字数制限に引っかかるケースがあります。

使用できる記号を確認する

「!」や「?」などの記号にもルールがあり、使用できないケースがあります。Google広告とYahoo!広告では、使える記号が異なるため注意が必要です。広告文作成の前に確認しておきましょう。

薬事法などの法律を理解する

医薬品や健康食品などを取り扱う場合は、法律の広告規制を理解しなければなりません。たとえば、「肌が若返り美しくなる」は薬事法に触れる可能性がありますが、「きめ細かな肌が期待できる」ならその危険性はないでしょう。

コツ2:目立つ場所にキーワードを入れる

リスティング広告は、キーワードに関して、広告文をどのように設定するかがポイントになります。できるだけ目立つ場所に、キーワードを入れるようにしましょう。うまくキーワードを活用することでユーザーの目を引き、クリック率が向上します。

コツ3:訴求は端的にまとめる

訴求したい要素1つに対して、10~15字程度の短文で広告文を作りましょう。文を短くしておくと応用が効きます。タイトルに使ったり、組み合わせることで説明文になったります。広告表示オプションにも応用可能です。

コツ4:数字をうまく使って具体的な訴求をする

数字を使うことで訴求が具体的になり、信頼度が上がります。たとえば、「ダウンロードユーザー100万人突破」や「累計3億個販売」などが有効です。競合他社に負けていない数字を活用しましょう。

コツ5:ユーザーの行動に影響するフレーズを使う

ユーザーの行動に影響を与え、クリック後に行ってほしいアクションをフレーズに入れましょう。ユーザーは内容やできることを具体的にイメージしやすくなります。クリック前の想像とのギャップを軽減することも可能です。

コツ6:漢字・ひらがな・カタカナを使い分ける

漢字やカタカナ、ひらがなを使い分けることも広告文を作るコツです。一般的に漢字が多いと固いイメージなります。ひらがなは、読みやすく親しみを感じ、カタカナは言葉のニュアンスを軽くできます。

コツ7:意識的に句読点・記号を使用する

強調したいキーワードに【】や《》を利用すれば、【期間限定】や《100万人が愛用》このように目立たせられます。読点や句読点のない文章は、広告文でも読みづらくなるため注意しましょう。

コツ8:同じ言葉を何度も使用しないようにする

広告文は文字数が決まっているため、同じ言葉・文章を何度も使うことはロスになります。限られた文字数の中で、訴求したいものを魅力的に伝えるには、言葉を繰り返さない工夫が必要です。

コツ9:広告オプションを賢く活用する

広告オプションとは、タイトルや説明文とは別にメッセージや電話番号、サイトリンクなどの追加情報を掲載できる機能です。いずれも料金が発生するので自社で補足したい内容を吟味して、賢く使うことがポイントです。

コツ10:業界・自社・競合のリサーチを徹底する

広告文を作成する前に、徹底してリサーチすることが大事です。広告業界の中でのリスティング広告の位置づけや、自社製品がどのような評価を得ているかなどを調べます。また、競合他社がどのような広告を掲載しているかを調べましょう。

【リスティング広告】効果的な広告文に改善するポイント

リスティング広告の成果が悪い場合は、広告文を改善する必要があります。ここでは、改善時のポイントについて解説します。

ABテストを実施する

ABテストとは、2つのパターンの成果を比較検証する方法です。複数の広告文でABテストを実施すれば、より効果的な広告文が明らかになります。実施期間の目安は、2週間~1ヶ月程度です。コンバージョンが高いリスティング広告を残せば、費用対効果が高い広告運用が実現するでしょう。

検索クエリの傾向をチェックする

リスティング広告は、広告文によってクリックされる検索クエリが変わります。クリックされる確率が高い広告文は、検索クエリを分析することで別の広告文に活かせます。検索クエリの反応は、Google 広告の管理画面で確認可能です。クリック率が高くなる広告文を見つけるためにも、定期的に確認することをおすすめします。

複数の担当者で作成を行う

「3人よれば文殊の知恵」ということわざがあるように、広告文を1人で考えるよりも、複数人で案を出した方が良い場合もあります。いくつも広告文を作成する場合はなおさらです。担当者を増やしたり、社内コンペなどで協力を仰いだりする方法がおすすめです。より良い広告文を作るために、会社全体で取り組むのも良いでしょう。

【リスティング広告】広告文の具体例

リスティング広告の広告文は、訴求したい内容によって異なります。ここでは、訴求毎に広告文具体例をあげて解説します。

「限定」を訴求する場合

限定を訴求する場合は、ユーザーの購入意欲を促し、購買行為に結びつけることが大切です。

  • レディース春物先取りセール/5着限定50%OFF
  • 投資セミナー空席残り3つ/プロの指導で収益アップ
  • 大阪の店舗限定/ウェルカムドリンク無料

「価格」を訴求する場合

価格を訴求する場合は、具体的な数字を載せてクリック率の向上を狙います。

  • 年会費1万円→無料/3月10日まで
  • 夏のバーゲン開催中/7月10日まで50%OFF
  • 初期費用0円/ランニングコスト30%OFFで導入できる

「ソリューション」を訴求する場合

ソリューションの訴求は、問題が解決できることを伝えることが大切です。

  • 子どものやる気を引き出し偏差値アップ
  • 派遣登録者1万人/人手不足を即解消
  • ポッコリお腹をカバー/フルハイウェストガードル

まとめ

リスティング広告において広告文は、成果を左右する重要な文章です。フレームワークで分析し、広告文を作成するコツを活かして、成果が期待できるように作成しましょう。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」は、リスティング広告の出稿で悩みを解決します。AIアナリストADは、低コストで効率的な広告運用を実現します。34,000サイトを改善したノウハウで精緻な入札調整から、最適な予算配分まで一貫して支援します。

AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。