YouTubeに広告を出したい!「TrueView」について基礎から徹底解説

ネット広告|2018.10.11

こんにちは。アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」運営チームの堀です。
この記事では、YouTubeの動画広告「TrueView」について解説します。

集客増の効果を最大化|「AIアナリスト」無料版はこちら

目次

YouTubeの広告「TrueView」とは?

TrueViewとはYouTubeの動画広告です。
動画の再生前や再生中に流れる広告です。
YouTubeはGoogleが運営しているWebサイトであるため、TrueView広告もGoogle広告で編集することができます。

TrueViewのメリット

TrueView広告を始めるメリットを主に4つご紹介します。

年齢、性別、興味などターゲットを細かく設定できる

TrueView広告では、Google広告の特性を利用して、配信のターゲットとするユーザーを属性に応じて細かく絞り込むことができます。
年齢、性別、興味関心、地域などの属性に応じて動画の内容を変えれば、訴求効果の高い動画広告になります。

リマーケティング機能がある

TrueView広告では、リマーケティング機能があります。
これは、「○○の動画を視聴したユーザーに対して広告を配信する」「○○チャンネルを登録したユーザーにだけ広告を配信する」のように、動画やチャンネルでの視聴実績をもとに広告を配信する機能です。
ある動画広告を視聴したユーザーに対して、後でディスプレイ広告を配信してサイトへの流入を促すという使い方もできます。
そのため、すでにリスティング広告やディスプレイ広告を運用しているという方は、TrueView広告を合わせて使うことで効率よく集客することができます。

YouTubeの視聴者に広告を見てもらえる

YouTubeの視聴者数はかなり多く、若者からお年寄りまで様々な年齢層の方に広告を見てもらう機会があります。
実は、日本においてYouTubeを使ったことがある人は77%です。(「YouTubeの日本の利用率は77%とGoogleが発表(2016年調査結果)」より)
週に一回以上YouTubeを利用する人のうち、男性は56%、女性は53%が、35〜59歳です。男女とも過半数を占めていて、決して10~20代に偏っているわけではありません。

必ず費用が発生するとは限らない

YouTubeのTrueView広告は動画広告であるため、動画の途中で視聴をやめてしまうユーザーもいます。そのような場合、動画広告の費用は発生しません。
広告が30秒以上(30秒未満の広告は終了まで)再生された場合あるいは視聴者が主体的にアクションを起こした場合(リンクのクリックなど)にのみ費用が発生します。
しかも1回再生されるごとに数円~20円という金額なので良心的です。
よほど興味をもって動画広告を視聴してくれた場合にだけ数円ずつ支払うという仕組みなので、費用対効果に優れているといえます。

YouTube動画広告のフォーマット

TrueViewインストリーム広告

動画の前後や途中に再生され、再生開始から5秒が経過するとユーザーは広告をスキップできるという形式です。
皆さんもYouTubeで動画を再生するときに右下に「あと5秒でスキップできます」という表示が出てきた経験はありませんか?
スキップが可能なため最後まで広告を再生されるとは限りませんが、30秒以上(30秒未満の広告は最後まで)再生されなければ課金されないため、費用を気にせずに出稿できるといえます。
また、最初に数秒表示されるだけでもブランドや商品の認知拡大に役立ちます。

TrueViewディスカバリー広告(インディスプレイ広告)

YouTube内でユーザーが検索したキーワードや視聴した動画に関連する内容である場合、トップページや検索結果、関連動画の横の部分などに表示される形式です。
表示される際はサムネイル画像+テキストという形で、それがクリックされると動画広告が再生されます。ユーザーがサムネイル画像を能動的にクリックすることで再生されるという仕組みです。
能動的に広告をクリックするのはそれだけ関心があるということなので、コンバージョンにつながりやすい広告であるといえます。
ユーザーがサムネイル画像をクリックして広告が視聴された場合にのみ費用が発生します。

バンパー広告

動画の前後や途中に再生される6秒以下の広告で、スキップすることができない形式です。
インストリーム広告やTrueViewディスカバリー広告とは異なり、広告が1000回表示されると費用が発生するという仕組みです。
6秒という短い限られた時間に強い印象を残せるような動画広告を作り、より多くの人に見てもらって認知度を高めるという使い方ができます。

TrueViewの費用

先ほど「TrueViewのフォーマット」でも少し触れましたが、あらためてTrueView広告の費用形式を表でまとめてます。

TrueViewインストリーム広告 30秒以上(30秒未満の広告は最後まで)再生された場合またはユーザーがアクション(リンククリックなど)を起こした場合に課金
TrueViewディスカバリー広告 クリックされるごとに課金
バンパー広告 1000回表示されるごとに課金

どれも、1再生につき数円~という価格です。
「一度やってみたい」という方は、動画さえ準備できれば手軽に始められるでしょう。

TrueViewの出稿手順

それではTrueView広告を出す際の流れを解説します。

まずは広告用の動画を作成します。
動画が完成したら、YouTubeにアップロードしましょう。
全体に公開されないよう設定しておきます。

次にGoogle広告にログインして広告キャンペーンを作りましょう。
「新しいキャンペーンを作成」を選択してください。
Google広告キャンペーン選択

キャンペーンタイプでは「動画」を選んでください。
Google広告動画広告選択

「続行」をクリックするとキャンペーン作成のページになります。
Google広告キャンペーン作成

ここでは

  • キャンペーン名
  • 予算
  • 掲載期間
  • 掲載先のネットワーク
  • 地域

などを設定しましょう。

ページの後半では広告グループの作成をします。
Google広告グループ作成

  • 広告グループ名
  • 上限の広告視聴単価
  • リーチする対象のユーザーの絞り込み
  • 広告を表示する場所の絞り込み

を設定しましょう。

最後に、先ほどアップロードした動画に関する設定です。
Google広告実例画像

  • アップロードした動画のURLの入力
  • 動画のフォーマット(インストリーム広告、TrueViewディスカバリー広告、バンパー広告のいずれか)の選択
  • 広告に表示されるWebサイトのURL、広告のクリック先のWebサイトのURLの入力
  • プレビューの確認

などを行いましょう。

これでTrueView広告は完成です。

TrueView広告と併せて使うべきツール

YouTubeの広告であるTrueViewについて解説してきました。TrueViewを利用して新たな層へもリーチし、さらに流入数・CV数を伸ばしましょう。
CV数を増やすには流入先のWebサイトの改善も必要です。しかし広告の運用で手一杯で、サイト改善まで手が回らないという方は多いのではないでしょうか?
そんなWeb担当者の方におすすめなのが弊社ツール「AIアナリスト」です。
Googleアナリティクスのデータと連携して人工知能がサイトを分析し、サイトの改善提案を自動でしてくれます。
無料でお試しできますので、CV数を伸ばすために、TrueViewと併せて導入してみてはいかがでしょうか。

TrueViewと併せて使うべき「AIアナリスト」の無料登録はこちら


この記事を書いた人

堀 文香

東京大学経済学部在学中のインターン生で、マーケティングチームに所属しています。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須