Web広告の運用でやるべきこと|広告代理店のメリット・注意点も解説

ネット広告 | 更新:2021.04.08 | 公開:2021.04.08

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

インターネットの普及によりWeb広告の重要性も高まっています。この記事では、Web広告運用に悩んでいる人に向けて、広告運用の方法、代理店を利用するメリットやデメリットなどを解説します。この記事を読んで、広告運用のポイントを理解し自社で運用すべきかどうかの判断に役立てください。

目次

Web広告を運用すべき理由

Web広告は、インターネットの普及によりニーズの高まっている広告です。2019年の電通の調査によると、Web広告費用がテレビCM費用より多いという結果も出ています。Web広告は性別や年齢、趣味嗜好などによるターゲティングが可能で、広告による成果も可視化しやすいです。そのため、少額の投資で成果が得られやすく、運用の重要性が高まっています。

Web広告は自社でも運用できる?

Web広告の運用は、結論からいえば自社運用も可能です。ただし、Web広告を運用するには、ある程度の知識やスキルを要するため。最低限の知識を押さえておく必要があります。

自社で広告運用を始める前にやるべきこと

自社で広告運用する際には、始める前にしっかり準備することが大切です。ここでは、広告運用の前の準備について解説します。

広告運用の目的を明確にする

始めに、何のために広告を運用するのかを明確にしましょう。例えば、自社の商品やサービスの認知度を高めたい、売上アップを目指したいなど、広告を運用する目的は企業によってさまざまです。目的が定まらないままだと、適切な広告設計ができなかったり、ゴールがわからなくなったりするため、効率的な運用がしにくくなります。

商品・サービスのアピール方法を決める

商品やサービスをどのようにアピールするかを考えましょう。この際、自社商品やサービスなどを細かく分析するだけでなく、ターゲットとなる顧客や競合他社の情報などを徹底的に分析することが重要です。分析したうえで顧客に伝えるための方法を比較・検討し、適したアピール方法の設定が求められます。

広告運用の適切なゴールを設定する

広告運用の際には、あらかじめ適切なゴール指標を決めておくことが重要です。

よく使用される指標としては、「ROAS」や「CPA」が挙げられます。「ROAS」とは、広告費に対してどの程度の売上が得られたのかを把握できる数値です。対して、「CPA」とはCVを1件得るためにかかった費用を把握できる数値です。どの指標が適しているか検討したうえで設定しましょう。

広告費用を決める

広告費用についてもしっかり決めておきましょう。月50万円まで、というようにざっくりとした予算設定はおすすめできません。例えば、CV単価は5,000円までで100件獲得したい場合は、50万円までが許容範囲になる、というように細かく決めていくことが重要です。想定した効果が得られない場合、どのポイントを引くかも決めておくと良いでしょう。

キーワードを決める

広告を出稿する際には、キーワードを設定します。キーワードは、始めからたくさん設定しなくても構いません。自社の商品やサービスに近い、メインとなるキーワード数個程度から始めると良いでしょう。広告運用の知識やノウハウがあまりない場合には、最低限の情報を必ず入れることを意識して設定するのがおすすめです。

広告を運用する際のポイント

広告を運用する際には、押さえておきたいポイントが2つあります。ここでは、それぞれのポイントについて解説します。

広告の運用状況をたえず確認する

広告を運用する際には、広告の審査状況や掲載状況、発生した広告費などの情報を常に確認しておきましょう。

また、広告の表示回数や成果などの確認も欠かせません。例えば、広告の表示回数が減っていたり、成果が思ったように出なかったりするケースもあるため、状況を確認しながら素早く適切に判断し、改善していくことが重要です。

広告文やキーワードを調整する

広告の運用状況を確認しながら、広告文やキーワードの調整を行うことも大切です。広告運用を続けていると、顧客が実際に検索したキーワードやどこからCVにつながったかといったデータが集まります。それらを参考にしながら、関連性が薄いキーワードを削除したり新しく判明した関連キーワードを追加したりするとよいでしょう。

広告運用で活用すべき便利なツール

自社で広告運用をする際には、ツールを活用すると良いでしょう。自社での広告運用に便利なツールをまとめて紹介します。

リサーチツール

リサーチツールとは、検索上位に表示されるためのキーワードや顧客、競合他社についての調査ができるツールです。広告運用では、ターゲットキーワードや検索ボリューム、競合他社の情報などが重要です。リサーチツールを活用することで、効率的に確認できます。

例えば、Googleの検索動向を調べられる「Google トレンド」や、関連キーワード・検索ボリュームなどをリサーチできる「Googleキーワードプランナー」「キーワードアドバイスツール(Yahoo!)」などが挙げられます。

広告アカウントの構築ツール

広告アカウントの構築ツールとは、広告に使用するためのキーワードを収集したり、広告作成したりできるツールです。関連キーワードなどを収集することで、効果的な広告作成などに活用できます。また、広告作成が効率的に行えるツールもあります。

具体的なツールとしては、Googleなどで検索される関連キーワードをリサーチできる「goodkeyword」や、画像編集がオンラインで行える「iLoveIMG」、広告に必要な画像を購入できる「Pixta」などです。

広告管理ツール

広告管理ツールとは、広告を運用した際の結果を分析、管理するのに役立つツールです。広告運用では、結果をしっかりと分析し改善していくことが重要です。広告運用ツールでは、結果の分析だけでなく一元管理もできるため、活用すると良いでしょう。

広告管理ツールの例としては、表計算ソフトである「Microsoft Excel」やアクセス解析ができる「Google Analytics」、顧客の細かな行動データが取得できる「アドエビス」などが挙げられます。

広告代理店に運用を任せるメリット

広告運用は自社でも行えますが、プロの広告代理店に任せるのも1つの方法です。ここでは、広告代理店に任せることで得られるメリットについて解説します。

運用効果が出やすい

自社に、広告運用に関する知識やノウハウがない場合もあるでしょう。その場合は、思ったような効果が出ないケースも多いため、広告代理店に任せたほうが成果を得やすいです。どのような広告を出せばよいのか、運用方法についてわからないという場合には、広告代理店で見積もりを取ってみると良いでしょう。

細かな変更をしてくれる

Web広告の場合、掲載するメディアによって常に新しい機能やサービスが提供されます。細かな仕様変更なども頻繁に行われるため、自社運用の場合はそれらの変更に対応するのが大変です。広告代理店であれば、新しい機能やサービスに対してもスピーディーに対応してくれるため、仕様変更への手間や労力を省けます。

本業に集中できる

広告代理店に運用を任せることで、本業に集中できます。広告運用は状況の変化や効果の確認、細かな改善など運用に手間がかかります。自社運用の場合には広告運用に注力する人材が欠かせません。広告代理店に依頼すれば人材を用意せずに済み、貴重な人材を本業に集中させられます。生産性の低下なども防げるでしょう。

広告代理店に運用を任せる際の注意点

広告代理店に運用を任せる場合には、注意したいポイントもあります。ここでは、3つの注意点について解説します。

運用手数料がかかる

広告代理店に任せる場合、運用手数料がかかります。一般的には、広告費の20%程度が手数料としてかかるといわれており、コストはどうしてもかさんでしまいます。代理店は知識やノウハウが豊富で運用の手間も省けますが、自社運用のほうが低コストです。

運用担当者との意思疎通が必要

広告運用の目的や方向性、ゴールなどを正確に担当者に伝える必要があります。例えば、定期ミーティングや必要資料の送付など、定期的なコミュニケーションが重要です。広告運用における業務の多くを代行してもらえますが、すべてを任せられるわけではないため注意しましょう。

必ず成果が得られる保証はない

知識やノウハウが豊富な代理店に依頼したほうが成果は出やすくなっていますが、必ずしも目的を達成できるわけではないため注意しましょう。任せきりにするのではなく、自社で成果を高めるための施策を検討することが重要です。

まとめ

Web広告の運用は、自社で行うことも可能です。しかし、ある程度の知識やノウハウが必要になるため、人材やノウハウが不足している場合は、広告代理店に依頼するとよいでしょう。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」では、低コストで効果的な広告運用のサポートを提供しています。30,000サイトを改善した豊富なノウハウで、細かな入札調整から最適な予算配分まで一貫支援が可能です。Web広告の運用でお悩みでしたら、ぜひ一度お問い合わせください。

AIアナリストADの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。