コールアウト表示オプションとは?シンプルな表現で広告の成果向上!

ネット広告|更新:2019.08.02|公開:2019.07.02

こんにちは。アクセス解析ツール「AIアナリスト」ライターチームです。今回は、コールアウト表示オプションについて説明します。コールアウト表示オプションとは、Google広告の機能の1種で、検索結果表示時に、サイトのキャッチフレーズを表示できる機能のことです。この記事では、その概要から設定方法まで網羅しています。コールアウト表示オプションについて理解して、サイト運営に役立てましょう。

目次

コールアウト表示オプションとは?

コールアウト表示オプションとは簡単にいうと、検索結果の画面上でコールアウト、つまりキャッチフレーズを表示できるGoogle広告の機能のことです。コールアウト表示オプションは、サイトリンクオプションや電話番号表示オプションなどの「広告表示オプション」の一種です。

コールアウト表示オプション

上記の画像は「AIアナリスト」でGoogle検索した際に表示された広告です。この広告のうち「AIアナリスト/利用登録~28000。」の部分がコールアウトに該当します。コールアウト部分を読んでもわかるように、その広告を出稿している企業のサービス内容について書かれています。このように、コールアウトは、広告文の中に入りきらなかった内容を訴求できるのです。

一言のメッセージがユーザーの関心を引きつけ、クリックや商品・サービスの購入につながる可能性があるため、コール表示オプションは侮ることができません。コールアウト表示オプションは、アカウント、キャンペーン、広告グループ単位で追加でき、表示のスケジュールを設定できます。そのため、どの単位でどの期間コールアウトを表示させるかどうかを考える必要があります。

タイミングや単位の判断を誤ってしまうと、思うような効果を得られないため、注意が必要です。ちなみに、コールアウト表示オプションは利用するだけでは費用はかかりません。実際に広告がクリックされた時に費用が発生する仕組みになっています。

コールアウト表示オプションを設定するメリット

コールアウト表示オプションの設定で得られるメリットとしては以下のような点が挙げられます。

  • サービス内容をシンプルにアピールできる
  • 柔軟なカスタマイズが可能
  • 成果の期待

1点目に関しては、「24時間営業」「初回無料」などサービスの特徴をシンプルな言葉でアピールできるため、ユーザーの興味を引くことができます。文字数制限があるため、表現内容には工夫が必要ですがそれでも十分アピールにつなげることはできるでしょう。

2点目に関しては先ほども触れているように、各グループ単位での設定、時間帯や曜日の指定など利用者の希望に応じた細かいカスタマイズができるので、ターゲットを絞った広告の表示が可能です。

ターゲットを絞って特徴をアピールすることでクリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。コンバージョン率に関しては外的要因の影響も多少は受けますが、それでもある程度の効果は期待できるでしょう。

サイトリンク表示オプションとは違う

先ほども触れていますが、コールアウト表示オプションと似たような機能にサイトリンク表示オプションというものがあります。

サイトリンク表示オプション

こちらの画像は先ほどと同じく「AIアナリスト」でGoogle検索した際に表示された広告です。コールアウト表示オプションは「AIアナリスト/利用登録~28000。」の部分でしたが、サイトリンク表示オプションは「人工知能の機能紹介」など青字になっている部分が該当します。

コールアウトとサイトリンクはどちらも文字が使われていますが、最大の違いはリンクの有無です。サイトリンクはその名の通り、リンクが設定されているので「人工知能の機能紹介」の部分をクリックすれば当該商品のページにそのまま飛ぶことができます。

サイトリンクはリンク先がなければ使用できませんが、コールアウトはリンク先がなくても使用可能です。

どんなコールアウトが効果的?

では、コールアウト表示オプションを利用する場合、どのようなコールアウトを設定するのが効果的なのでしょうか。ここではコールアウトを設定する際のポイントをいくつか紹介します。

あったら役立つ内容

コールアウトの内容は、ユーザーにとってサイトを訪れるかどうかの判断材料となるため、ユーザーにとって役立つ内容を記載してください。例えば、「送料無料」や「返金保証」など珍しさや真新しさはなくてもユーザーにとって役に立つ情報を記載していることでクリックしてもらえる可能性が高くなります。全てのポイントを訴求できないため、安心感やお得感などの要素に絞ってアピールするといいでしょう。

他の広告オプションと組み合わせられる内容

コールアウト表示オプション以外にも広告オプションは存在します。例えば、電話番号を記載して電話番号表示オプションを利用すればそのまま電話をかけることができます。また、同じように住所を記載して住所表示オプションを利用すればお店の所在地を確認できます。コールアウト表示オプションだけでなく、その他のオプションとの相性も考えて内容を決めるとより効果が見込めるはずです。

シンプルでわかりやすい内容

コールアウトには、全角12文字、半角25文字以内というルールがあります。そのため、表示する内容はシンプルかつわかりやすいものなければいけません。無理に全ての文字数を使う必要はありませんが、具体的な数字などがあるとより訴求力はアップするでしょう。

文字数に制限があっても「30代女性に人気」、「肌トラブルに悩む女性向け」などターゲットを絞ることは十分可能なので、「シンプルさ」「わかりやすさ」を意識してみてください。

コールアウト表示オプションの設定方法

ここからはコールアウト表示オプションの設定方法に関して解説します。

設定方法は以下の通りです。

  • Google 広告にログイン
  • メニューで「広告と広告表示オプション」→「広告表示オプション」を選択
  • プラスボタンをクリックして、「コールアウト表示オプション」 を選択
設定方法1
  • 「追加先」のメニューで、表示する単位(アカウント、キャンペーン、広告グループのいずれか)を選択
  • 「コールアウト テキスト」 に文を入力
設定方法2
  • 新しいコールアウトを作成する場合は「詳細設定」 を選択、デバイスの設定を行う
  • 既存のコールアウトを使用する場合は「既存のものを使用」をクリック、リストから使用するコールアウトを選択
  • 「保存」を選択
設定方法3

なお、コールアウト表示オプションの利用には、少なくとも2つのコールアウトが必要になるので2つ〜4つ作成するようにしてください。

設定する際の注意点

コールアウト表示オプションを設定する際にはいくつかの注意点があります。まず、コールアウトでは、ユーザーの目を引くために文頭に感嘆符や記号などは追加できません。また、Google広告のポリシーに反する内容のコールアウトも承認されません。

ポリシー違反となるものとして、例えば重複表現があります。これは広告としての品質を維持するためであり、意味もなく単語や同じ語句を繰り返すことはできません。また、同じ広告グループやキャンペーン、アカウントで使用されている表現を同じ形で使用できません。

例えば「年中無休」という言葉がいずれかの単位のコールアウトに含まれている場合、他のコールアウトでの使用は承認されません。商標に関しても、商標権所有者から申し立てがあると広告が削除されることがあります。

まとめ

今回は、コールアウト表示オプションに関してその概要から、メリット、効果的なコールアウト作成のポイント、設定方法、注意点について解説しました。コールアウトはシンプルな表現でユーザーに特徴を訴求していくことになります。文字数制限がある分、ターゲットをしっかりと絞ってシンプルかつわかりやすい表現を考える必要があります。

効果的に導入し、ユーザーの興味関心をひくことでクリックや商品・サービスの購入につなげていきましょう。

広告を打った後は、広告で集めたユーザーをCVさせるために、サイト改善を行ってCVRを上げていく必要があります。
そこでおすすめなのが、アクセス解析ツール「AIアナリスト」です。AIアナリストは、Googleのアクセス解析サービス「Googleアナリティクス」のアクセス解析データと連携することで、大量のデータをAIが分析して課題を発見し、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行ってくれるサービスです。データの分析は、手作業では時間と手間がかかりすぎてしまいます。しかし、その工程をAIにまかせることで、サイト改善に使う時間を捻出することができます。Web広告を出稿するのと同時に、サイト改善もしっかり行っていきましょう。

CVRをあげるためのサイト改善に役立つ「AIアナリスト」はこちら


この記事を書いた人

AIアナリストライターチーム

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須