資料ダウンロード(無料)

送信することで利用規約に同意したものとします。

戻る

株式会社ラクス

「IT技術で中小企業を強くする」
株式会社ラクスのWeb成果改善に貢献。

株式会社ラクス

業種:ITサービス業

課題:工数を削減したい

“Web成果改善に貢献”

Q.株式会社ラクス様の事業内容と山本様のご担当業務について教えてください。

株式会社ラクスは、日本の企業様の業務効率を上げることをミッションとして、経費精算システムやメール配信ツール、Webデータベースなど、中小企業様向けに様々なサービスを提供しています。

その中で、私は「メールディーラー」というメール共有管理システムの販売促進を担当しています。「メールディーラー」は、複数名でのメール共有・管理・対応を効率的に行えるサービスです。カスタマーサポートや代表アドレスに送られて来る問い合わせメールへの対応状況や履歴を一目で確認できるので、対応の漏れや遅れをシステム的に防ぐことができ、業務の効率化に貢献します。

「メールディーラー」の販売促進の中でも、私はWeb周りのプロモーションを主に担当しています。Webサイトの運営から、リスティング広告の運用、コラム記事の作成など、サービスを世の中に広く知っていただき、Webサイトで「無料トライアル」や「資料請求」などの問い合わせに至っていただくための活動を幅広く行っています。

Q.「AIアナリスト」を導入いただく前にはどのような課題があったのでしょうか。

当時マーケティングを担当するのが私一人の体制であったため、集客増やCVR改善の重要施策を推し進めるに当たって、工数の不足が大きな課題でした。

WebサイトのABテストや、広告の運用、サイト内の「お役立ちコラム」のディレクションなど、やりたいこと・やるべきことがたくさんあり、限られたリソースで最大限の成果を出せるように工夫していくことが重要でした。

Q.「AIアナリスト」を導入されるまでの経緯をお伺いさせてください。

実は、それ以前にも、弊社の別事業部で「AIアナリスト」を利用させていただいていました。その事業部の社員から「AIアナリストで成果が出ているよ」と紹介してもらったことがきっかけで関心を持ちました。

「サイト改善のためのデータ分析や集計、工数を削減しつつ、改善提案をもらうことでCVRを上げることができる」という点に魅力を感じて導入に至っています。

Q.実際に導入されてみて、どうだったでしょうか。

導入したのは2017年の12月ごろなのですが、ちょうど私がWebの担当になった時期でした。「メールディーラー」のWeb担当は私一人になったタイミングでもあり、成果を出しつつ工数を削減するために「AIアナリスト」を導入しました。

導入後、これまでに契約更新を2回しています。
1回目の更新の時は、「問い合わせフォーム」の改善が非常にうまくいき、CVRが2週間で3.58%改善しました。
次の更新では、サイトから問い合わせフォームへの誘導率が3.67%だったのが、5.54%まで上がり、新規のリード獲得に大きく貢献してくれしました。

どちらも費用分の効果が充分出ていて、「成果あり」ということで問題なく更新の稟議が通りました。

問い合わせフォームへの誘導率が1.5倍に

Q.実際に成果が出た施策の中で、印象に残っている改善はどのようなものでしょうか。

Webサイトの改善案をたくさん提案してもらいましたが、画面の改善案は、多ければ多いほどありがたいと思っていまして、「まずはやってみよう」と、積極的にテストしてみました。

最初の提案はランディングページの改善案だったんですが、「お問い合わせフォーム」を画面の下の方に置くのではなく、ファーストビューにフォームを露出するように変更したことで良い成果が出ました。

「AIアナリスト」からの画面改善案は、そのまま社内のクリエイティブ部門に「こういうイメージで作ってください」と流せるので、工数削減にもなっています。

他にも、入力フォーム画面でヘッダが表示されているためにCVポイント以外への余計な動線なってしまい、CVRに悪影響を与えていることを指摘してくれました。担当者としては、毎日見ているものなので、それが「当たり前」になっていたのですが、指摘されて初めて「ああ、ここも削れたんだ」と認識することができました。削ぎ落とせるだけ削ぎ落として、すごくシンプルにしたのですが、それが成果につながったのだと思います。

ユーザが求めている情報をシンプルに提供する形が「勝ちパターン」になっています。

Q.導入後のサポート体制はいかがでしたか?

「AIアナリスト」の導入初期だけでなく、定期的にツールの使い方や見るべきデータ、改善点の見つけ方などを丁寧に説明いただいています。

導入して終わりではなくて、その後もフォローしていただけるというのは、すごく助かっています。

私が思いつかなかった提案をたくさんいただきましたし、逆に「こういう集計を行うのは可能でしょうか」といった相談にも乗っていただきました。Webサイトに関わることで、相談できる先があるのはとてもありがたいです。

そして何より、担当の方のお話を聞いていくと、「AIアナリスト」がすごく好きなんだな、という製品への想いが強く伝わってきました。

Q.現在、広告と自然検索、どちらからの流入が多い状態ですか?

今は広告と自然検索がまだ半分半分なのですが、今後は自然検索での流入を増やしていきたいと考えています。

サービスサイト内に、「お役立ちコラム」のページを設けていて、メール作成のノウハウや業界用語集など、ユーザにとって役立つ情報を記事として公開しています。コツコツと追加していて、現在では累計で100記事以上掲載しています。

特に、サービスへの関心度が高いと思われる「お問い合わせ管理」などのキーワードで検索上位を取り、リードに繋げたいと考えています。

Q.弊社のSEO対策コンテンツ制作サービス「AIアナリストSEO」もご利用いただいていますが、いかがでしょうか。

2018年の6月くらいから、これまで5記事ほどお願いしていて、SEO観点で競合となるコンテンツに負けない記事を提供していただいています。検索順位も着実にあがってきています。

Q.ありがとうございます。検索順位を上げると同時に、「CVにつながる」ことに重きを置いて記事を制作しています。

CV獲得という意味でも、早い段階で成果が出てきています。

「お問い合わせ管理」というキーワードで、当初は70位ほどの順位でしたが、最近では1ページ目~2ページ目には表示される順位になり集客力も上がってきていますが、きちんとCVにもつながっています。

何より、WACULさんには、企画からお願いできるというのは、けっこう大きいですね。

「次はどのキーワードを狙うべきか」ということも、「AIアナリスト」で調べられますし、その中から精査していただいた、検索ボリュームの大きいキーワードをご提案いただけるので、すごく助かっています。これも工数削減にもつながっていますね。

Q.今後、どういったご展望をお持ちでしょうか。

弊社のメールディーラーが「メール共有管理システム」という市場の中で1位のシェアを持っていますが、メール共有管理システム自体が一般にはまだまだ浸透しきっていない現状です。今後は、「ビジネスで使うメールシステムといえば、メールディーラー」だ、となるようにしていきたいですね。

そのためには、まだ、「メール管理システム」などに触れてきていない方にも、「こんな便利なものがあるんだ」と幅広く知っていただくための記事を公開するなど、市場自体を拡大していく活動も大事だと思っています。

メールディーラーを使っていただくと、本当に楽になると思っていますので、ぜひ多くの人に知ってもらいたいなと思っています。

無料で利用する

送信することで利用規約に同意したものとします。

戻る