ペルソナマーケティングとは?メリットや設定方法・注意点までわかりやすく解説

SEO | 更新:2020.11.30 | 公開:2020.11.30

こんにちは。コンテンツSEOツール「AIアナリストSEO」ライターチームです。

ペルソナマーケティングとは、架空のユーザーを詳細に設定したペルソナに対してピンポイントでマーケティング施策を行うことです。この記事では、ペルソナマーケティングのメリット・ペルソナの設定方法・注意点・成功事例をわかりやすく解説します。ぜひ役立ててください。

目次

ペルソナマーケティングとは

ペルソナマーケティングとは、ペルソナを設定し、ペルソナのニーズを満たせるような商品やサービスを開発する、もしくはマーケティング戦略を実行することをいいます。ペルソナとは、商品やサービスを利用するであろうことを予測した、典型的かつ象徴的なユーザー像のことです。プロフィール・価値観・ライフスタイルなどを詳細に設定し、自社商品やサービスを利用する人物像を作り上げます。

ターゲットマーケティングとの違い

ペルソナマーケティングと似た言葉で、ターゲットマーケティングがあります。ペルソナマーケティングの方が、ターゲットマーケティングよりも、細かい設定でユーザー像を築き上げる点が、大きく異なります。ターゲットマーケティングでは「30代の独身女性」など、簡単なユーザー像を設定します。ペルソナマーケティングでは、年代・性別・既婚未婚・趣味・職業など属性を広く細かく設定します。

ペルソナマーケティングのメリット

ペルソナマーケティングを行うメリットについて解説します。

ユーザーに効果的なアプローチができる

ペルソナ像が定まっているので、ユーザーに対して、効果的なアプローチができます。ペルソナを設定する際には、ペルソナ像にあった典型的なユーザーについて詳細な分析を行います。ユーザーのニーズを知ることで、どのような商品を開発すればよいか、どのようなタイミングでアプローチすればよいかが明確になります。

社内外で人物像の共有がしやすい

ペルソナを設定することで、社内外で同じ人物像を共有できるようになります。認識の違い・意見の食い違いが減り、戦略の方向性が決まりやすくなります。異なる部署の人達とも共通のペルソナをイメージして作業が進められるため、業務の効率化も図れます。

製品・サービスの開発にも利用できる

ペルソナを設定することで、ペルソナのニーズにあった製品・サービスを開発できるようになります。ペルソナのライフスタイル・趣味・嗜好・行動などを踏まえて商品開発ができます。ペルソナを設定していることで、新製品などの企画書の説明も行ないやすくなり、経営陣などの理解も得られやすくなります。

コストの削減ができる

ペルソナを設定することで、さまざまな作業工数を削減できるため、コスト削減につながります。ユーザーのニーズを絞る事で、マーケティング施策も絞って行えるため、人件費などのコストの削減が期待できます。必要以上に会議をしたりアイデアを考えたりするのに時間をかけなくて済むので、時間の節約にもなります。

ペルソナの設定方法

ペルソナを設定する方法について解説します。

分析を行う

ペルソナの設定にあたっては、自社の製品・サービスを提供するための情報収集と分析を行うことが重要です。まず、自社の分析、市場調査などを行ない、さまざまなデータを収集しましょう。

自社の分析

自社の強み・弱み、市場における自社の立ち位置・動向などを分析しましょう。営業担当者から顧客情報を聞き取ったり、Webサイトのアクセス解析を行ったりすることで、ユーザーの属性や生活リズムなどを把握しましょう。

アンケートの分析

大まかなペルソナ像を決め、対象者に対してアンケート・インタビュー・座談会などを行い、情報を収集することも重要です。集めた情報を分析し、ペルソナとしての特徴などを洗い出します。

公開データの分析

公開されている調査・アンケート結果や統計調査結果などのデータを分析することもおすすめです。政府が行った調査・統計の結果や、各種調査データをまとめたサイトなど活用することで、幅広いデータを得られます。

ペルソナ設定の項目を作成する

ペルソナを作成するにあたっては、設定のための項目を作成しましょう。名前・年齢・性別などの基本情報から、趣味・ライフスタイルなど、細かく設定することをおすすめします。以下にあげた項目を参考に、ペルソナ設定を行いましょう。

  • 基本情報:名前・年齢・性別・出身地・血液型・誕生日など
  • 現在の職業:業種・職種・役職・年収など
  • 人間関係:恋人・配偶者の有無・子供の有無など
  • 生活スタイル
  • 趣味・興味
  • インターネットの利用状況

項目を埋めていく

ペルソナの項目が決まったら、詳細を埋めていきましょう。調査・分析などで集めたデータをもとに埋めていくことをおすすめします。人物像がわかるイメージ画像などを設定するとよりわかりやすくなります。

ペルソナマーケティングの注意点

ペルソナマーケティングを行う際の注意点について解説します。

属性と特性を理解しそれぞれ設定する

ペルソナを考える時には、属性と特製を理解して、それぞれについて設定することが重要です。属性とは 年齢・職業・居住地、顔族構成など定量的な情報を指します。特性とは、性格・趣味・ライフスタイルなど定性的な情報のことを指します。人物像をイメージするだけでなく、ストーリーを作ってみることをおすすめします。

先入観を捨てる

ペルソナを設定する際は、先入観を捨てましょう。集めたデータの分析結果に基づいて設定する必要があります。自分自身が考えるユーザー像、既存のユーザー像など、先入観を持ったままペルソナ設定を行うと、本当に必要なユーザー像が描けなくなる可能性があります。

新規ユーザーを意識する

ペルソナを設定する際は、新規ユーザーを意識しましょう。すでに自社の商品やサービスを利用しているユーザーに近いペルソナを設定すると、潜在的にニーズを持っている新規ユーザーの獲得にはつながりません。

定期的に見直し改善する

消費者の意識や動向などは変化しているため、ペルソナは定期的に見直し、改善をする必要があります。時間とともに変わるペルソナ像を見直し、常に時流に乗ったペルソナ作りを行わなければなりません。

BtoBでは複数のペルソナを設定する

BtoBマーケティングにおいては、BtoCとは異なり、窓口担当者だけでなく、決裁者などを含めた複数のペルソナを設定しましょう。想定するペルソナの部署・役職・勤続年数といった基本情報の他に、業務における責務・業務の目標・部署における現在の課題なども考慮したペルソナ作りを行うことが重要です。

ペルソナマーケティングの成功事例3選

ペルソナマーケティングを実践し、成功を収めた事例を紹介します。

Soup Stock Tokyo

Soup Stock Tokyoでは、「秋野つゆ」という37歳女性をペルソナに設定してマーケティングを展開しました。秋野つゆに関しては、特徴や好み、さらにはシンプルでセンスの良いものが好きといった性格などまで細かく設定したうえでニーズに合わせたメニューカー開発と店舗作りを行っています。

その結果、Soup Stock Tokyoは、創業からたった10年で売上高42億円、さらには店舗数52店舗まで成長することができました。

※参考:ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは? | BRANDINGLAB - ブランディングラボ

カルビー「Jagabee(じゃがビー)」

カルビーが展開する「Jagabee」は、ペルソナマーケティングによって生まれ、大ヒットを記録した商品です。スナック菓子に関しては、具体的なターゲット層を設定しないのが一般的ですが、カルビーでは、27歳で文京区に住んでいる独身女性、ヨガとスポーツに凝っているというペルソナを作り、ターゲットのニーズに応じた商品開発を行いました。

その結果、Jagabeeは、生産が追いつかないほどの売れ行きを記録し、大ヒット商品となりました。

※参考:自己流「ペルソナ」で大ヒット商品生み出す | 日経クロステック(xTECH)

アサヒビール「クールドラフト」

消費者2,000人のインタビュー結果と、データ分析をもとにペルソナマーケティングを展開したのがアサヒビールです。同社のペルソナでは、年齢や職業といった属性だけでなく、ライフスタイルや価値観、性格なども掘り下げています。

その結果、ペルソナのニーズの中に「冷たさへのこだわり」を見出し、イメージに沿ったパッケージや商品名にたどり着きました。こうして誕生した「クールドラフト」は、2009年3月の発売開始から6月末までに296万箱(1箱大瓶20本)の販売に成功しています。

※参考:「クールドラフト」ヒットの裏にペルソナあり | 日経クロステック(xTECH)

まとめ

ペルソナマーケティングとは、具体的なユーザー像をペルソナとして設定し、ペルソナのニーズにあった商品開発や戦略を実行することです。ペルソナは、できるだけ詳しく設定し、自社の商品・サービスなどを購入する人物として描き出す必要があります。ペルソナの設定は、SEOを行う際にも重要な役割を果たします。

「AIアナリストSEO」では、高品質のSEO記事を高い費用対効果にて提供しています。AIアナリストの知見に基づき、流入数だけでなく、CV数を伸ばせる記事を作成いたします。成果の出せるコンテンツマーケティングの実現を目指している人は、AIアナリストSEOの資料請求(無料)をお試しください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。