Web集客の手法とは?その種類や成功させるためのポイントを解説

マーケティング |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

多くの人がインターネットを利用するようになっているため、ビジネスを成功させるためにはWeb集客にも力を入れる必要があります。この記事では、Web集客の種類や成功のポイントについて解説します。Web集客を効果的に実践するための参考として、ぜひ役立ててください。

目次

そもそもWeb集客とは?

Web集客とはどのような手法なのでしょうか。ここでは、Web集客とはどのようなものであるか解説します。

Web集客が表すもの

インターネット上にあるWeb媒体を活用して顧客を集める手法をWeb集客とよびます。たくさんの人がスマートフォンでインターネットを利用するようになり、Web集客の重要度は高まっています。手法も多様化しているため、違いを正しく理解して取り入れることが大切です。なお、Web集客はネット集客とも呼ばれます。

Web集客を始めるために必要な準備

Web集客には複数の手法がありますが、どの手法を選ぶとしても基本的には自社のWebサイトを用意することをおすすめします。仮に、SNSや無料ブログのサービスが終了しても、自社のWebサイトがあればコンテンツをそのまま使い続けられるからです。

Web集客を成功させるための心構え

Web集客を成功させるには具体的な目標を立てたうえで、ペルソナを意識することが大切です。また、継続的に発信し、情報を更新し続ける必要があります。そのうえで、多くの顧客を獲得するには、ユーザーファーストを心がけることも重要なポイントです。

Web集客の分類

Web集客にはさまざまな種類があります。ここでは、Web集客の代表的な分類について解説します。

検索エンジン

Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンで情報を検索したユーザーを集める方法であり、無料で集客できます。検索結果で自社のページが上位表示されると、多くのユーザーからのアクセスを見込めます。自社の商品やサービスとマッチするキーワードで上位表示ができれば、狙った層に効果的にアプローチできます。ユーザーからの信頼も得やすい手法です。

SNS

Twitter、Instagram、Facebook、LINEなどのSNSを通して集客する方法です。たくさんのフォロワーを獲得できれば、アクセスしてほしいページへより多くの人を誘導できます。最初のうちはフォロワーが少ないため効果を実感しにくいですが、基本的に無料で集客できるところが魅力的です。検索エンジンと組みあわせることで、集客の効果を高められます。

有料広告

有料広告とは、リスティング広告やディスプレイ広告などインターネット上で表示される広告のことです。広告を出すには費用がかかりますが、伝えたい情報を着実にユーザーに見てもらう機会を増やせます。運用を始めた後もユーザーの反応をみながら調整を加えていけば、さらに高い効果を期待できます。即効性を期待するなら、有料広告がおすすめです。

外部サイト

外部サイトに掲載されたリンクから自社のWebサイトへアクセスされるパターンもあります。自社のWebサイトの内容を充実させ、他のブログやSNSで言及されるコンテンツを作成すれば、自然に外部サイトからの流入を増やせます。また、ポータルサイトに自社のWebサイトを掲載してもらえば、特定のユーザーに絞った集客を実現できます。

直接流入

URLのブックマークやQRコードの読み取りなどを経由し、自社のWebサイトへ直接アクセスを集める方法もあります。直接流入の割合が増えれば、たとえ検索エンジンやSNSからのアクセスが見込めないとしても集客が安定しやすくなります。具体的には、自社アプリや名刺から流入したり、チラシのリンクを経由してアクセスされたりするケースが多いです。

Web集客の方法1:検索エンジン

ここからは上記で解説したWeb集客の方法をそれぞれ詳しくみていきましょう。

コンテンツ対策

検索エンジンの検索結果からWeb集客をするためには、ユーザーがキーワードを検索する意図を考慮し、それに対する答えとなるコンテンツを作る必要があります。ユーザーが役に立つと感じ、情報を信頼できると思えるような記事を多く掲載することが大切です。

内部SEO対策

GoogleはGoogleクローラーにWebサイトを巡回させ、どのような情報が掲載されているかチェックしています。表示順位をあげるためには、Googleクローラーから評価されるように情報を伝えなければなりません。具体的には、XMLサイトマップを送信したり、URLを正規化したりする必要があります。サイト構造の最適化も重要な対策の一つです。

外部SEO対策

検索エンジンは、外部から反応があったり注目されたりしたコンテンツを高く評価します。そのため、Webサイトでは、読んだユーザーが誰かに広めたくなるような情報を発信し続けることが重要です。口コミで情報が拡散されるだけでなく、検索エンジンからの流入も増やせる可能性があります。

Web集客の方法2:SNS

ここでは、SNSの種類ごとの特徴とともに、Web集客の方法について解説します。

SNSの種類ごとの特徴

Web集客に活用できるSNSとしてはさまざまなものがあります。ここでは、SNSの種類ごとの特徴を解説します。

Twitter

20~30代の利用者が多いです。投稿できる文字数は140文字までですが、リプライやリツイートなどでコミュニケーションを取れます。リアルタイムで更新されるため、ニュースのツイートも人気です。つい笑ってしまうようなコンテンツも注目されやすく、爆発的に拡散されるケースもあります。

instagram

10~30代の女性が多く利用しています。写真投稿がメインのSNSであり、フォトジェニックでおしゃれな写真が多く投稿されています。流行に敏感なユーザーも多いため、目を引く写真を投稿すれば効果的な集客が可能です。投稿にハッシュタグをつけると、拡散を狙えます。

YouTube

動画投稿に特化しており、幅広い年代が閲覧しています。SNSのなかでも、近年特に利用者が伸びている点が特徴的です。投稿されている動画の内容はエンタメからビジネスまで幅広く、工夫すればどのようなジャンルでも注目を集められる可能性があります。

Facebook

実名登録が基本となっており、他のSNSよりもフォーマルな印象があります。そのため、利用者の年齢層も高めで、主に30~40代が利用しています。ユーザーの属性を判断しやすく、多彩なコンテンツの投稿が可能です。

LINE

国内で最も多くの人が利用しているSNSであり、すべての世代が利用しています。チャットとタイムラインがメインとなっており、ユーザーとの直接的なやり取りも可能です。ただし、プロフィールを絞り込みにくいため、細かいターゲティングがしにくい側面もあります。

SNSの運用方法

SNSで集客するためには、宣伝よりも有益な情報発信を心がけることが大切です。フォロワー数が多いに越したことはないですが、それよりも大切なのはフォロワーの質です。ユーザーからの共感を集められるよう、感情を動かすような内容を発信しましょう。そのため、担当者やキャラクターの個性を出したほうが注目を集めやすいです。

Web集客の方法3:有料広告

有料広告としては、ディスプレイ広告やリスティング広告などをはじめとし、複数の種類があります。ここでは、有料広告によるWeb集客の方法について解説します。

ディスプレイ広告

画像や動画を活用した広告をディスプレイ広告といいます。ある程度ならカテゴリや地域などを絞り込めますが、広告の内容に関心のない層に届く場合も多いです。そのため、Web集客の成果を出すまでに時間がかかる可能性があります。

リスティング広告

検索エンジンの目立つ場所に掲載される有料広告枠をリスティング広告といいます。登録後は、キーワードが検索されると表示されるようになります。ユーザーがクリックすれば、そのたびに料金が発生する仕組みです。登録してすぐに露出を増やせるため、興味や関心をもちやすいユーザーを効果的に狙えます。

ネイティブ広告

宣伝であることを全面に押し出さずに紹介する広告をネイティブ広告といいます。広告だと明記しますが、コンテンツのなかでさりげなくサービスや商品を紹介する点が大きな特徴です。商品やサービスへ自然に誘導するのは簡単ではないため、手間もかかります。しかし、成功すれば、多くの人に支持される可能性があります。

リマーケティング広告

自社のWebサイトを訪れたものの、契約に至らなかったユーザーに対して表示する広告をリマーケティング広告といいます。見込み客に再びアプローチできるので、効果的に成果へとつなげられます。ただし、すぐに購入する必要がある商品やサービスには、あまり向いていません。

アフィリエイト

他のWebサイトやブログに広告を掲載してもらい、そこからアクセスしてきたユーザーが契約に至ったときに報酬を支払う仕組みです。ただし、報酬だけでなく、アフィリエイトのサービスを提供する仲介業者に対して初期費用や手数料も支払う必要があります。

Web集客の方法4:外部サイト

Web集客では外部サイトを利用することも可能です。ここでは、外部サイトを活用したWeb集客の方法を解説します。

無料ブログから集客する

Webサイトの他に無料ブログを開設し、そこで自社のコンテンツを紹介して集客する方法です。無料で利用できるため、気軽に試せます。無料ブログ内のつながりを活かせるので、新たなユーザーを獲得できる可能性があります。

リンク設置を依頼する

他のWebサイトの運営者に連絡し、リンクで自社のWebサイトを紹介してもらう方法です。単にリンクを設置してもらうのではなく、記事を寄稿してWebサイトの紹介につなげることも一つの手です。ただし、金銭の授受を伴うリンクの売買は禁止されているため、注意しましょう。

ポータルサイトに掲載してもらう

業種ごとに特化しているポータルサイトに掲載してもらえば、そこからも流入を狙えます。ポータルサイト内で上位に表示されると、たくさんのアクセスを期待できます。ポータルサイトは無料で利用できる場合もありますが、有料となる場合も多いです。

プレスリリースを作成する

プレスリリースは、主に報道機関に向けて自社の情報を発表するためのものです。プレスリリースがニュースサイトに掲載された場合、自社のWebサイトへのアクセスが急増する可能性があります。ただし、ニュースサイトに掲載されるためには、話題性や独自性が必要です。

Web集客の方法5:直接流入

Webサイトへの直接流入を増やすためには、地道に宣伝することが重要です。たとえば、配布する紙媒体には必ずURLやQRコードをつけ、興味をもった人がアクセスできるようにしましょう。また、メルマガへの登録を促したり、資料請求でメールアドレスを登録してもらったりすることも一つの方法です。メールマガジンからWebサイトへ誘導し、集客につなげましょう。ファンが増えれば、直接流入も増えやすくなります。

Web集客を行うメリット・デメリット

Web集客にはメリットとデメリットの両方があります。ここでは、それぞれについて解説します。

メリット

取り組みに関するデータを蓄積できるため、効果測定も簡単に行えます。また、ターゲットを絞り込み、狙った相手に効果的に情報を届けられます。取り組み方にもよりますが費用対効果が高めなので、効率的に成果へつなげられる可能性が高いです。

デメリット

Web集客を成功させるには、インターネットやWebマーケティングに関する専門的な知識が必要不可欠です。知識が少ないと、効果的な取り組みができない恐れがあります。また、自社の情報を積極的に発信するので、競合に自社の料金やサービス内容の詳細を知られるリスクもあります。インターネット上では悪い情報も拡散されやすい点にも注意が必要です。

Web集客を成功させるためのポイント

Web集客を成功させるには、押さえておきたいポイントがあります。ここでは、そのポイントを詳しく解説します。

ある程度の時間をかけて取り組む

Web集客の成果が出るまでには時間がかかるため、ある程度の時間をかけてコツコツ取り組みましょう。特に、無料の集客方法を選ぶのであれば、気長に取り組むことが大切です。Web集客を実践しながら状況を検証し、改善を重ねていきましょう。

ターゲットにあわせて手法を選ぶ

Web集客の手法によって、効果が出やすいターゲットや得られる成果は変化します。そのため、Web集客を始める際は目的やペルソナを意識し、それに適した手法を選ぶ必要があります。自社の商品やサービスの特徴もふまえ、適切な手法を選択しましょう。

ツールを有効活用する

Web集客には専門的な知識が必要であるため、いきなり取り組み始めて成果を出すことは簡単ではありません。Web集客に役立つツールはたくさんあるので、自社に適したものを活用しましょう。たとえば、広告を運用するなら、配信の最適化を行えるツールがおすすめです。

まとめ

Web集客には複数の手法があり、それぞれ異なる特徴があります。目的やターゲットによって最適な手法は異なるため、自社の状況をしっかり踏まえて選びましょう。

低コストで効率的な広告運用をアシストする広告運用代行サービス「AIアナリストAD」を活用すれば、CVにつながる効果的な広告配信を実現できます。30,000サイトを改善したノウハウが活かされているため、初めてのWeb集客をスムーズに成功へと導きます。まずは資料請求を行い、Web集客のためにぜひ役立ててください。

AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。