Google広告のアプリキャンペーンとは?最適化の方法や運用のコツを解説

ネット広告 |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

アプリのインストールを促したいなら、Google広告のアプリキャンペーンを活用しましょう。この記事では、Google広告のアプリキャンペーンについて知りたいと思っている人に向けて、概要や使い方などを解説します。アプリキャンペーンの特徴についてくわしく解説するため、ぜひ役立ててください。

目次

Google広告のアプリキャンペーンとは

Google広告のアプリキャンペーンとは、アプリのインストールを促すための広告です。検索結果などに連動して表示されるため、アプリに興味をもつ可能性が高い相手にアピールできます。表示された広告をユーザーがクリックすると、Google Playストアなどのアプリのインストール画面へ遷移する仕組みです。

2019年2月まで「UAC」という名称だった

Google広告のアプリキャンペーンは、以前まで「UAC(ユニバーサルアプリキャンペーン)」という名称でサービスが提供されていました。2019年2月20日に名称が変更されましたが、機能面は特に変更されておらず、以前と同様の機能を利用できます。

アプリキャンペーンの仕組み

Google広告のアプリキャンペーンでは、キャンペーンの下部に広告グループがあります。広告グループでは、グループごとに基本的な内容の設定が可能です。広告グループの下部に設定できる広告アセットでは、テキスト、静止画、動画、HTML5が設定できます。

アプリキャンペーンが注目される理由

アプリキャンペーンはなぜ注目されているのでしょうか。ここでは、その理由について具体的に解説します。

簡単に広告を出稿できる

Google広告のアプリキャンペーンは設定方法がわかりやすく、誰でも利用しやすいです。具体的には、掲載先によってフォーマットをいちいち変更する必要がなく、さまざまな掲載先へ出稿する広告の設定を簡単に済ませられます。広告文とともに画像や動画を用意すれば、幅広い掲載先へ広告を出稿することが可能です。

効率的な運用が可能

Google広告のアプリキャンペーンには機械学習が取り入れられているため、自動的に最適な運用が行われます。たとえば、ターゲティングや入札価格の調整はもちろん、アセットの組みあわせについても対応可能です。広告の運用に慣れていなかったり、自分ではうまく調整できなかったりする場合でも、スムーズに広告を運用できます。

Apple Search Adsとの違い

Google広告のアプリキャンペーンとApple Search Adsの違いとしては、以下の内容があげられます。

  • インストール率
  • 広告の表示回数
  • 検索順位

インストール率はApple Search Adsのほうが高いものの、Google広告のアプリキャンペーンのほうが広告の表示回数は多い傾向があります。

【Google広告】アプリキャンペーンの概要

Google広告のアプリキャンペーンにはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、概要について解説します。

掲載先

Google広告のアプリキャンペーンには、さまざまな掲載先があります。具体的には以下のとおりです。

Google Play

Google Playとは、Android​端末などにアプリを提供するサービスです。Google広告のアプリキャンペーンで広告を出稿すると、Google Playの検索結果の画面に加え、各ユーザーへのおすすめアプリとして表示されます。

Google 検索

Googleの検索エンジンで検索されたキーワードにあわせ、検索結果の上部に広告が表示されます。ただし、検索結果に表示されるためには、競合よりも優れた広告だとGoogleに判断される必要があります。

YouTube

YouTubeでは、ユーザーが投稿した動画のすぐ下などに広告が表示されます。ユーザーが興味をもちそうな広告がクリックしやすい場所に掲載されるため、高い効果を期待できます。

ディスプレイネットワーク

ディスプレイネットワークとは、Googleが運営しているサービスや、提携しているWebサイトなどに広告を掲載する仕組みです。Gmail、livedoor Blog、食べログなどをはじめとする幅広い掲載先があります。

課金方式

Google広告のアプリキャンペーンの課金方式は、クリック課金方式です。広告の表示回数ではなく、広告がクリックされた回数に応じて料金が発生する仕組みです。

入稿規定

広告の見出しや説明文は、必ず入稿しなければなりません。任意項目として、画像、動画、HTML5などがあります。必須項目さえ入力すれば広告配信が可能になりますが、任意項目にも対応するとより効果的な広告運用につながります。

最適化戦略

広告の設定では、最適化戦略を選ぶ必要があります。アプリの場合、最初はインストールを促す戦略がおすすめです。状況にあわせ、アプリを利用しているユーザー向けの最適化戦略にも挑戦しましょう。

【Google広告】アプリキャンペーンの広告配信に必要なもの

Google広告のアプリキャンペーンで広告を配信するには、さまざまな準備が必要です。具体的に必要なものについて解説します。

見出し・広告文

見出しはタイトルとして表示される部分であり、最低2個以上設定する必要があります。広告文にはアピールしたい内容を記します。最低1個以上設定しましょう。見出しと広告文はいずれも最大で5個設定可能です。作成時は入稿規定にも注意してください。

画像・動画など

画像や動画は、最大20個まで登録できます。HTML5の登録も可能です。ただし、広告として配信される際にGoogle側が自動的にトリミングしたり、変更を加えたりする可能性もあります。その点も考慮したうえで準備しましょう。

【Google広告】アプリキャンペーンを始める方法

Google広告のアプリキャンペーンで広告の配信を始めるには、どうすればいいのでしょうか。具体的な方法を解説します。

新しいキャンペーンを作成する

管理画面を開き、「キャンペーン」をクリックしてキャンペーンタイプを選びます。キャンペーンのサブタイプを選択したら、プラットフォームを決めましょう。検索フィールドから検索し、対象となるアプリを選んで「続行」を押します。

細かな項目を入力する

ここでは、広告に関する項目を入力します。具体的に入力する項目は以下のとおりです。

  • キャンペーン名
  • 地域
  • 言語
  • 予算
  • 入札単価
  • 開始日と終了日

画面の表示に従ってそれぞれの項目を埋めましょう。すべてを入力したら「保存して次へ」を押します。

広告グループを作って配信する

広告グループの名称を入力し、広告の見出しや説明文を記載します。続けて、画像、動画、HTML5などもアップロードしましょう。それぞれ設定できる数には制限があるため、確認したうえで作業を進めてください。

【Google広告】アプリキャンペーンを効果的に運用するコツ

Google広告のアプリキャンペーンを効果的に運用するには、これから紹介する3つのコツを押さえることが大切です。

日別に予算を設定する

日別の予算を決める際は、1日50インストールを目安にしましょう。なぜなら、Google広告のアプリキャンペーンでは機械学習が取り入れられており、正しく分析するためには最低でも1日50インストールが必要だからです。

目標を設定する

広告運用においては、コンバージョン単価やインストール単価について目標を定めましょう。CPIの1.2倍を目標の目安にすると、機械学習もスムーズに進みます。ある程度運用を続けたら、単価を下げられないか検討しましょう。

広告グループをしっかりと管理する

最初のうちは、1つのキャンペーンに対して2~3本の広告グループを作成しましょう。同じ広告グループ内では、訴求する内容の方向性もそろえるべきです。広告グループは自由に開始、停止、入れ替えできますが、慎重に対応してください。

まとめ

Google広告のアプリキャンペーンを活用すれば、さまざまな相手に対してアプリのインストールを促せます。簡単にさまざまな掲載先へ広告を出稿できるため、ポイントを押さえて運用しましょう。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」は、34,000サイトを改善したノウハウをもとにして最適な広告運用を支援しています。低コストかつ効率的に広告を運用したい企業におすすめです。Web広告の運用の悩みについて、気軽に相談してください。

AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。