AIアナリストの使い方~カスタム分析

アクセス解析|更新:2019.06.06|公開:2016.07.04

※この記事の内容は2016/07/04時点のものです。

カスタム分析とは

「カスタム分析」とは、分析期間や分析設定などを自ら決めて分析をしたい方向けのマニアックな機能です。
※有料版でのみご利用になれる機能です

様々な期間で分析を行いたい方や、CVを変更して分析したい方などが、主に利用しています。もちろん弊社担当にご依頼いただければ、データを確認してお伝えすることは可能ですが、ご回答には数日お時間を頂戴する場合が多いです。

すぐに分析結果を見たい方や、頻繁にデータを確認したい方はカスタム分析をご利用ください。
※あくまでマニアックな機能なので、担当にご相談いただいた方が良いケースが多いです。

カスタム分析の作成方法

「カスタム分析」は、普段配信されている定期分析の設定をコピーして作成することが可能です。「設定>定期分析設定」から作成できます。

カスタム分析作成方法

コピーを作成すると以下の画面になります。この状態から、分析したい条件に変更することで、ご希望の分析をまわすことができます。

カスタム分析_画面説明

1.分析タイプ CVR分析のままで問題ありません。
(営業回数分析は弊社担当がデータ確認のために使っている機能なので、使う必要はありません)
2.分析レポート名 レポートのタイトルを入力します。
3.対象サイト 分析対象のデバイスを設定します。PCかSPをご選択ください。
4.分析対象期間 分析に利用する期間を設定します。対象の期間でデータが足りない場合には「分析対象量が少なく、課題が適切に発見されないかもしれません」と表示されます。
5.CV設定 Web上のゴールを設定します。(例:資料請求、購入完了…等々)
Googleアナリティクス上の目標から選ぶ他に、直接ゴールとなるURLを設定することもできます。
6.領域設定 分析対象範囲の指定がある場合は、ここで設定します。(例:新規ユーザーのみ、特定のページを見たセッションのみ…等々)
Googleアナリティクスのセグメントから選ぶ他に、URLを指定して、そのページを見たセッションや見ていないセッションに限定することもできます。
7.ページグループ設定 類似している個々のページを1つのグループとして設定します。(例:お客様の声詳細ページ、商品詳細ページ)
弊社の担当がお客様のサイトに適した設定にしているので、変更しない方が適切に分析できます。
8.流入元グループ設定 Googleアナリティクスの「デフォルトチャネルグループ」の設定に加え、指名キーワード、非指名キーワード等の詳細な設定をします。
弊社の担当がお客様のサイトに適した設定にしているので、変更しない方が適切に分析できます。

以上の設定を確認し、「この内容で作成」をクリックすると、分析が開始します。

カスタム分析結果

カスタム分析の結果を見てみましょう。分析が完了すると、課題を一覧して見ることができます。

カスタム分析_結果

提案機能と同様、一覧して課題を見ることが可能です。提案では、伸びしろの大きいものから順に配信していますが、ここでは人工知能の分析結果をすべて見ることが可能です。

人工知能「AIアナリスト」導入前の方へ

この機能は有料版でのみご利用いただけますが、無料登録いただいたお客様にも、お試しでご利用いただく機会を設けております。まずはお気軽にご登録ください。

AIアナリストの無料登録はこちら


この記事を書いた人

長谷部 一祥

カスタマーサポート。AIアナリストの分析担当として日々精進しています。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須