URL生成で流入経路を把握しよう|パラメータのつけ方・ツールの使い方を解説

アクセス解析 |

こんにちは。「AIアナリスト」ライターチームです。

URL生成とは、ユーザーの流入経路を把握するための文字列を、既存のURLに追加作成することです。この記事では、ユーザーの流入経路や広告効果などを詳しく分析したいと考えているWebマーケターに向け、URL生成の方法、URLの生成により得られる情報、などについて解説します。URLを生成する際の注意点なども紹介しているので、参考にしてください。

目次

URL生成とは?

URL生成とは、通常のURLに、ユーザーの流入経路を把握するための文字列を追加作成することです。追加される文字列は、通常パラメータと呼ばれ、パラメータに記載された内容により、流入元が判別されます。リンクをはる広告やメディア別に異なるパラメータを作成することで、訪問ユーザーの行動を解析できます。通常のURLとパラメータをつけたURLの違いは以下の通りです。

通常のURL http://example.com/page
パラメータをつけたURL http://example.com/page?parameter

パラメータで情報収集できること

パラメータからは、ユーザーの流入経路、自然検索と広告の判別などの情報が収集できます。

Webサイトにどこからアクセスしたか

ユーザーが、どこからWebサイトにアクセスしてきたかを示す、流入経路がわかります。google・yahoo・facebookなど以外からの流入の場合、パラメータがないと、Googleアナリティクスでは、参照元なし(direct)に振り分けられ、流入元の把握ができません。

メルマガ・QRコード・バナーなどに記載されているリンクURLに、それぞれ異なるパラメータをつけることで、ユーザーがWebサイトをクリックする直前に、見ていたメディアを把握できます。

自然検索とリスティング広告の判別

ユーザーが自然検索してWebサイトをクリックしてくれたのか、リスティング広告を見てクリックしてくれたのかが判別できます。パラメータをつけないURLをリンク先として設定したリスティング広告は、通常のWebサイトURLと同じであるため、両者の区別ができません。Googleアナリティクス上は、両者ともに自然検索としてカウントされることになります。

パラメータをつけることで、自然検索とリスティング広告からの流入を個別に計測できるようになります。

どの広告をクリックしたか

複数の広告を掲載している場合、パラメータによりユーザーがクリックした広告が判明します。広告に設定されたリンクのURLがすべて同じ場合、Googleアナリティクスで得られるすべてのデータ数が、すべて合計されて表示されます。広告ごとのデータを把握するためには、すべて異なるパラメータをつける必要があります。

URLパラメータの生成ルールと気をつけるべきこと

URL生成の基本のルールと、気をつけるべき注意点を紹介します。

基本的な生成ルール

生成前の既存URLの直後に「?(半角 )」とパラメータとなる文字列を記載し、「?」の右側の文字列がパラメータになることを示します。「?」は1回しか使えないため、複数のパラメータをつけたいときは「&」を使います。パラメータの直後に「=」を使うことで、パラメータの変数となる値を記載します。

生成時に気をつけるべきこと

注意点は必ずパラメータの始まりに「?」を使用することと、「?」は1回しか使えないことです。「?」を2回使うと、2つ目のクエスチョンマーク以降の情報のみがパラメータとして認識されることとなります。文字化けを起こす原因となるため、「?」「&」「=」は、すべて半角を使いましょう。

GoogleアナリティクスのURLパラメータの種類

GoogleアナリティクスのURLパラメータについて、4種類紹介します。

utm_source(参照元)

「utm_source」をパラメータとして付与することで、参照元を識別します。参照元とは、ユーザーがWebサイトを訪問する直前に見ていたサイトのことです。検索エンジン・SNSなどが参照元にあたり、「utm_source」のすぐ右側に「=」と参照元を記載することで、ユーザーの流入元の把握ができます。

検索エンジンの場合は「utm_source=yahoo」「utm_source=google」、Facebookの場合は、「utm_source=facebook」となります。Googleアナリティクスの参照元については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

※参考:Googleアナリティクスの「参照元」とは? 【5分でわかる!】

utm_medium(メディア)

「utm_medium」をパラメータとして付与することで、メディアを識別します。ここでいうメディアとは、広告・メルマガなどの情報サイトを指します。自然検索の場合は「utm_medium=organic」、検索連動型広告は「=cpc」と記載します。ディスプレイ広告「=cpm」または「=display」、メール「=email」、アフィリエイト「=affiliate」などと記載することで区別しましょう。

utm_campaign(キャンペーン)

「utm_campaign」は、広告のキャンペーンを設定するためのパラメータです。夏のセールで広告を出稿している場合は、「utm_campaign=summer-sale」となります。名前は自由に設定できますが、キャンペーンの期間ごと・出稿している広告の種類ごとに分類すると、分析時に活用しやすいです。

utm_term(キーワード)

「utm_term」をパラメータとして付与することで、有料検索広告のキーワードを指定できます。広告の流入キーワードごとにデータが必要な場合に設定できますが、検索広告のキーワードについて、全て設定する必要があり、かなり面倒な作業となります。

URL生成ツールの使い方

URLパラメータは手作業で作れますが、Googleアナリティクス用のURLパラメータが簡単に作れるツールとして、URL生成ツール(Campaign URL Builder)があります。ここでは使い方を解説します。

設定方法

生成ツールは日本語サイトがなく、すべて英語で書かれています。設定方法は、WebサイトのURL・キャンペーンソース(参照元)・キャンペーン媒体(メディア)などを、上から順に入力するだけです。キャンペーンソースの入力完了と同時に、画面下にURLが連動して表示されるため、生成したURLをコピーし、広告・メルマガのリンク先として使いましょう。

入力時の注意点

WebサイトのURL・キャンペーンソース・キャンペーンメディア・キャンペーンの4つは必須項目となるため、必ず入力しましょう。キャンペーン期間・キャンペーンコンテンツは、任意で加えてください。

空白スペースは使えないため、「-(ハイフン)」や「_(アンダーバー)」を活用し、あとから見てわかりやすい文字列にしましょう。メディアに冬のセールを記入する場合「winter sale」と空白を入れず、「winter-sale」とします。文字化けの原因となるため、必ず半角英数字を使いましょう。

Googleアナリティクスで流入状況を確認する方法

URL生成により、パラメータを付与したURLを使って、Webサイトの流入状況をGoogleアナリティクスで確認できます。ここでは確認する方法について解説します。

ユーザーの流入元を分析するなら「参照元/メディア」

参照元/メディアからは、ユーザーの流入元がわかります。Googleアナリティクスの左列メニューから、集客>すべてのトラフィック>参照元/メディアの順にクリックしましょう。流入元を、自然流入と有料広告とに分けた場合、自然流入が「google/organic」、有料広告が「google/cpc」などと区別され、ユーザー数・平均セッション数・コンバージョン率などを流入元別に把握できます。

広告効果を分析するなら「キャンペーン」

キャンペーンでは、広告に対する反応・成果の違いを把握できます。左列のメニュー>集客>キャンペーン>すべてのキャンペーンの順にクリックしましょう。キャンペーン列に記載される名前が、URL生成ツールで入力されたキャンペーンとなります。キャンペーンごとのユーザー数・新規ユーザー数が比較できます。

まとめ

URL生成とは、既存のURLに、参照元・メディアなど、流入元を把握するためのパラメータを付与したURLを作成することです。URLを生成することでユーザーの流入元や、反応のよい広告などの把握が可能となります。Webサイトの運営や、広告運用に積極的に取り入れましょう。Googleアナリティクスの活用が難しいと感じる際は、ツールの活用をおすすめします。

「AIアナリスト」は、AIがアクセス解析を自動で行い、重要な改善ポイントを教えてくれるツールです。30,000サイトを改善したノウハウで、Webサイトの膨大なデータを分析し、成果を伸ばす改善ポイントをデータ根拠とともにお届けします。Googleアナリティクスに連携するだけで利用可能で、設定は2分で完了です。まずは無料版からお試しください。

AIアナリストの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。